« 加美医療中心 | トップページ | スマトラ島のスマトラ沖地震・津波とインターナショナルSOS »

2004/08/27

フィリッピンからの看護士の受け入れ

日本が進めている東アジア各国との自由貿易協定(FTA)交渉で焦点となっている外国人労働者の受け入れ問題で、政府は25日、フィリピンの看護師と介護士を、年間の入国人数を100人と限定した上で認める方針を固めた。

比の看護師・介護士、年100人受け入れ…政府方針(Yahoo!ニュース - 経済総合 - 読売新聞 2004年8月26日)

ついに、日本で外国人労働者の受け入れが正式に決定しました。フィリピィンの外貨獲得は、この出稼ぎに頼っているのは、イランでの人質になったフィリピィン人の対応による軍隊の撤退で明らかですね。

在留資格=政府が、外国人の滞在期間と滞在中に可能な活動や身分・地位などを認定する制度。出入国管理及び難民認定法では27種類の資格を規定しており、看護師は日本の看護学校を卒業して国家資格をとれば、4年間働くことができるが、介護士は認められていない。

以前、NHKの特集で、南アフリカから、イギリスなどに看護婦が出稼ぎにでてしまし、南アフリカの病院が大変なことになっているそうです。そのため、南アフリカでは、アフリカのタンザニアやジンバブエ、ボツワナから、看護婦を受け入れているそうです。なんとも、いえない現象が起こってます。

イギリスでは、看護士の人数を一定数に安定させるため、海外から来た看護士に大きく頼っているそうです。新規登録看護士のうち、半数近くは海外から来た人材だそうです。 『NHS(イギリス国民保健サービス)』には、発展途上国からの新人採用を禁じる方針があるそうです。多くのイギリス民間保健医療機関では、この倫理規約に従ってはいないそうです。

 『アメリカ海外看護経験者委員会』の最高責任者バーバラ・ニコルズさんによれば「南アフリカでは、看護士が給料と労働条件のよい仕事を求めて海外へ流出するため、毎月300人の看護士を失っている」そうです。 『英国王立看護協会』では、海外から来た看護婦が今後もイギリスに来て、イギリスで働きながら暮らしたいとは思わないだろうと懸念されています。

BBCニュースより


比から看護士・介護士、06年度にも日本へ FTA合意
--------------------------------------------------------------------------------


 日本政府はフィリピンとの自由貿易協定(FTA)の交渉決着を受けて、早ければ06年度から看護師・介護士の受け入れを始める見通しとなった。受け入れ態勢の整備とともに受け入れ人数枠が今後の焦点となる。人数枠については両国の主張の隔たりが大きいため、政治決着になる可能性が高い。

 受け入れ条件となった日本語の習得と国家資格の取得の義務づけ措置に関連して、厚労省は日本での滞在中、国家試験に合格するまで働く病院や介護施設を指定し、働く機会と場所を提供するなど「合格しやすい環境づくり」を進める。

 現地での日本語研修については外務省が途上国援助(ODA)の技術協力対象とすることを検討している。ただ、自民党内から「ODAの目的とそぐわない」など反発の声もあり、流動的だ。

 法務省は在留資格は技能実習生の外国人に発給しているのと同じ「特定活動」とする意向だ。4年程度経過しても合格できなかった場合は帰国させるほか、国家資格を取得後も指定した病院や施設で働くことを義務づけることで、不法就労や失跡を防ぐ狙いだ。

 労働市場の開放をめぐってはタイなどが家事補助者などの受け入れを求めているが、政府は今後も単純労働者の受け入れは認めない方針だ。今回のような専門職・技術職について職種ごとに開放を決める形がFTA交渉の「人の移動」分野の基準になっていきそうだ。



朝日新聞のニュースより
http://www.asahi.com/business/update/1120/002.html

|

« 加美医療中心 | トップページ | スマトラ島のスマトラ沖地震・津波とインターナショナルSOS »

コメント

不安障害な社長日記さん、トラックバックありがとうございます。
私が、以前、リンクした記事は、消えてしまってました。後から、読めなくなるのは、悔しいので、今回、トラバ、頂いた朝日新聞の記事を全文引用しとこうかと、思いました。
日本での外国人の受け入れは難しく、特にフィリッピンからは、難しいものがありましたが、これは、良いニュースだと、思いました。Makati Medical Center (MMC)医療コンサルタントの高濱 一宏 先生(故人)が、ついこの前の、MLで発言されてましたね。
たいした情報もなく、始めてるサイトですが、気になる情報などありましたら、また、よろしく、お願いします。

投稿: JohnClark | 2004/11/21 22:02

ハジーの独り言…さん、トラックバック、ありがとうございます。何故か、急に、この記事へのアクセスが増えてビックリしています。
わたしも、日本の人口問題(若年層の急激な減少)から、外国人の受け入れには、賛成の方向の記事を書きました。
ハジーの独り言…の記事、とても、参考になりました。また、よろしく、お願いします。

投稿: JohnClark | 2004/11/23 11:03

こんばんは。どうやらフィリピンでも医者不足が起きているようですね。現地で医者するよりも、日本で看護士する方が儲かるってのが理由。困った事です(^-^;。
私の記事に書かせて頂きましたが、海外からの安い労働力が入る事で、逆にサービスの差別化が起こると予想します。金額では買えない、高齢者たちが本当に求めているサービス。心地良さ、快適な空間。そして温かい人の心。どの業界も価格に訴求する競争は一時的なものであると思っています。

投稿: ハジー | 2004/11/23 21:23

フィリピン ガンバレ特に女性の方 
私は、フいィリッピンの方と、結婚などしたことがあります。 永住 日本人なるか?といつたら。やだつて?
10年、つずいたけどね 子供二人
女の子かわいいよ 12歳 9歳 私の宝物だよ。      
男つくつて 子供つくつて、女の子だそうです
ぞくに「ててなしご 認知してないんだつて」
何で分かれたか?向こうの親かな?
お金お金おくれで、、、
あいつも大変だつたんだよな
子供捨てる 最低  べラスコ スーサンガンバレ だますほうになれ

投稿: 看護し受け入れいいと思うな | 2005/07/30 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/1293459

この記事へのトラックバック一覧です: フィリッピンからの看護士の受け入れ:

» 比の看護士、06年度から [不安障害な社長日記]
FTAの交渉決着を受け、早ければ2006年度から比の看護士、介護士が日本で活躍することとなりそうだ。現在では外国人が医療サービスを受ける場合通訳や翻訳を必要とす... [続きを読む]

受信: 2004/11/21 19:54

» フィリピン人ヘルパー [ハジーの独り言…]
最近なんだか軽い話題が多かったので、 今日は少しお堅い話題。 先日、フィリピンとの自由貿易協定(FTA)において、 「看護師」「介護士」の受け入れに関... [続きを読む]

受信: 2004/11/21 22:08

» 英国人看護師、米国へ流出倍増 [CASA ROSSA]
今すでに、英国の看護師が米国へ流出し続け止まる気配がないという。理由は簡単で、雇用条件が非常に良いから(780万円と高年収、2ヶ月間の住居無料提供、航空券無料、家族のビザ取得、トドメに永住権獲得などなど)・・・・。米国は2010年まで、新たに100万人の看護師を雇用する方... [続きを読む]

受信: 2005/07/19 01:56

« 加美医療中心 | トップページ | スマトラ島のスマトラ沖地震・津波とインターナショナルSOS »