« 2004年8月 | トップページ

2005/01/08

海外勤務者のための総合健康管理施設 

「海外勤務者のための総合健康管理施設」では、下記のスケジュールで第23回海外医療講演会「感染症流行と海外派遣駐在員」を開催します。

SARSあるいは旅行医学などに関心ある方の
ご参加をお待ちしております。

第23回海外医療講演会
1 日  時  平成17年2月7日(月)14:00~16:00
2 演  題  「感染症流行と海外派遣駐在員」  
―2003年SARS危機渦中の香港日本人社会における心理社会的サポートを考える―
3 講師
中村安秀:大阪大学大学院人間科学研究科ボランティア人間科学国際協力論講座 教授
横田祐子:大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程
4 会  場  海外勤務健康管理センター3FAV講義室
        222-0036横浜市港北区小机町3211
5 定  員  40名(先着順)   
6 対象者 医師、歯科医師、保健師・看護師、企業の人事担当者
7 参加費 無料
8 申込方法 詳細は海外勤務健康管理センターのホームページをご覧下さい
http://www.johac.rofuku.go.jp/news/050106.html


海外勤務者のための総合健康管理施設 - Japan Overseas Health Administration Center -

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/01/07

スマトラ島のスマトラ沖地震・津波とインターナショナルSOS

インターナショナルSOS社はスマトラ沖地震・津波に関連し、医療活動サポート・チームを派遣し、病院への搬送、また高度な医療提供が可能なバンコク、シンガポールへの手配などを手掛けています。
こうした現地情報について活動を元に被災地に関する独自の見解を公表しています。調査地域はスリランカ、イン
ドネシア、タイ、マレーシア、インド、モルディブ、ミャンマー、東アフリカに渡り、医師や看護士等の専門知識を有するスタッフのアドバイスをホームページにおいて無料で提供しています。
 なお、同社は「インドネシア・スマトラ島沖地震/津波被害支援基金」を創設、社内外からの篤志を募っており、資金をもとに医薬品、医療用品、医療器具を購入し、被災地の医療を支援しています。

▽支援基金連絡先
TEL:03-5213-9011
eメール:mailto:tokyoadmin@internationalsos.com
▽インターナショナルSOS各地概要アドバイスサイト(英語)
http://www.internationalsos.com/members_home/Tsunami/
▽インターナショナルSOS(日本サイト)
http://www.internationalsos.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ