2005/01/08

海外勤務者のための総合健康管理施設 

「海外勤務者のための総合健康管理施設」では、下記のスケジュールで第23回海外医療講演会「感染症流行と海外派遣駐在員」を開催します。

SARSあるいは旅行医学などに関心ある方の
ご参加をお待ちしております。

第23回海外医療講演会
1 日  時  平成17年2月7日(月)14:00~16:00
2 演  題  「感染症流行と海外派遣駐在員」  
―2003年SARS危機渦中の香港日本人社会における心理社会的サポートを考える―
3 講師
中村安秀:大阪大学大学院人間科学研究科ボランティア人間科学国際協力論講座 教授
横田祐子:大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程
4 会  場  海外勤務健康管理センター3FAV講義室
        222-0036横浜市港北区小机町3211
5 定  員  40名(先着順)   
6 対象者 医師、歯科医師、保健師・看護師、企業の人事担当者
7 参加費 無料
8 申込方法 詳細は海外勤務健康管理センターのホームページをご覧下さい
http://www.johac.rofuku.go.jp/news/050106.html


海外勤務者のための総合健康管理施設 - Japan Overseas Health Administration Center -

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/08/27

フィリッピンからの看護士の受け入れ

日本が進めている東アジア各国との自由貿易協定(FTA)交渉で焦点となっている外国人労働者の受け入れ問題で、政府は25日、フィリピンの看護師と介護士を、年間の入国人数を100人と限定した上で認める方針を固めた。

比の看護師・介護士、年100人受け入れ…政府方針(Yahoo!ニュース - 経済総合 - 読売新聞 2004年8月26日)

ついに、日本で外国人労働者の受け入れが正式に決定しました。フィリピィンの外貨獲得は、この出稼ぎに頼っているのは、イランでの人質になったフィリピィン人の対応による軍隊の撤退で明らかですね。

在留資格=政府が、外国人の滞在期間と滞在中に可能な活動や身分・地位などを認定する制度。出入国管理及び難民認定法では27種類の資格を規定しており、看護師は日本の看護学校を卒業して国家資格をとれば、4年間働くことができるが、介護士は認められていない。

続きを読む "フィリッピンからの看護士の受け入れ"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2004/08/26

タイの主な医療機関

タイの日本大使館作成の病院一覧です。タイの国の病院のホームページには、日本語対応可能なのが多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/24

アメリカ医学制度

アメリカの医療制度を有名なTV番組「ER・救急救命室」で紹介されていました。
一般大学 (4年)
    ↓
医大 (4年)
1・2年次は講義
3・4年次は病院で実習
    ↓
インターン (1年)
医学博士号を取得して1年目の実習生のこと
1年目のレジデントのことを言います
    ↓
レジデント (2~6年)
インターンを終えた研修医
専門分野によって研修期間が違います
    ↓        
フェロー
レジデント終了後さらに専門分野を極めようとする特別研修医
ここを飛び越してドクターになるものもいます
    ↓
ドクター
すべての研修を終了してやっと一人前のドクターとなります
開業医となる資格も取得

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/21

プロローグ

どんな情報が集まる分かりませんが、トライアルを兼ねて、このブログを試験的に立ち上げます。いつまで続くか、まったく不明ですが、皆さんからの、情報をお待ちしています。よろしく、お願いします。
まずは、身近なところで、中国から始めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)