« 全日空、開始7年でAMC会員数が1000万人に、記念キャンペーンを実施 | トップページ | NW、期間限定で成田発グアム線、米本土3都市で事前購入を廃止 »

2004.03.09

ICカード化される香港IDカード

ICカード化される香港IDカード
港の住人が携帯を義務付けられている香港IDカードに、ICカードが導入されることとなり、すでにその配布が始まった。ICチップにはどのような情報が記録され、それによって香港住人の利便性はどのように向上するのであろうか。本稿では、プライバシー保護に配慮しつつICカードの導入を決めた香港の取り組みについて紹介する。
 IDカード携帯が義務付けられている香港

 香港の住人は約700万人である。そのうち 11歳以上の住人は、海外からの駐在員も含めて香港IDカードを申請し、つねに携帯しなくてはならないことになっている。IDカードには氏名、生年月日、顔写真などのほか、香港ID番号が記載されており、日本で論議の多い国民総背番号制がすでに実施されている。

 役所への申請、銀行口座の開設、家を借りる、携帯電話を買うなどの際はIDカードの提示とコピーの提出、書類へのID番号記入が求められる。日本で言えば認め印のような感覚である。街角で警察官にIDカードの提示を求められている人の姿も時折見かけるし、日本人駐在員でもまれにIDカードの提示を求められることがあるようだ。

 香港―中国本土間の飛行機や船が発着する空港や港では、香港籍をもつ住人はパスポートではなくIDカードにより出入国(域)が審査される。私たち外国籍の場合はパスポートが必要であるが、IDカードを提示することで出入国カードの提出は免除される。

 IC化で広がるIDカードの用途

 この香港IDカードがICカードに変更されることになり、2003年6 月から配布が始まった。約3 年間後にはすべてのIDカードがIC 式になる予定である。

 香港政府のWebサイト(http://www.smartid.gov.hk/en/faq/index.html)によれば、新ID カードはカード左側に金色のICチップが見えるほかは、見たところ従来のものとさほど違わないようである(図1 参照)。しかし、利便性の点で格段の差がある。

ICカードへの切り替えと、カードに保存する情報に関しては大きな議論があった。ICカード化の当初の目的は、住所や電話番号をはじめ血液型、病歴などあらゆる情報を保存することで利便性を高めようということにあった。しかし当然ながらプライバシー保護を求める声が強まり、当初の構想は大きく後退した。結局、新IDカードには、カード表面に記載されている情報のほかは、顔写真のデジタルイメージと両手親指の指紋(香港の住人はIDカードの取得時に指紋を採取される)だけが保存されることになった。香港籍でないカード所有者の場合は、これに香港への滞在条件が加わる。

 新IDカードは、図書館の利用カード、インターネットショッピングや電子申請の際の認証カード、2006年からは運転免許証としても使用されることになっているが、最大のメリットはやはり出入国審査の簡便化であろう。まだ詳細はアナウンスされていないが、 2004年末にはセルフサービスで出入国審査ができるようになるという。

 香港は中国への、とくに深センや広州など華南へのアクセス口であり、またアジア有数の金融センターでもある。香港を拠点に中国をはじめアジアで活躍するビジネスマンは多い。2002年の実績では、年間1 億6 千万人以上、1 日あたり約44万4 千人が香港に出入りしている(http://www.immd.gov.hk/ehtml/facts_2.htm)。

 現在、香港住民の出入国に際しては、係官がIDカードをカードリーダーで読み取りながら出入国審査を行っているが、これがセルフサービスによって行えるようになれば、香港政府にとっては人件費削減効果が得られるばかりでなく、利用者にとっても待ち時間が限りなく短縮されるという大きなメリットが得られる。

 ICカードで先を行く香港

 香港では、電車、バス、フェリーなどの料金をオクトパスというICカードで支払うシステムが1997年9 月に導入されて大成功を収め、世界から注目を集めた。オクトパスカードは、いまではコーヒーショップやコンビニエンスストアなど小売り店での支払いにも利用できる。また高速道路の通行料金をICカードで支払うシステムはすでにそれ以前から導入されている。日本でもここ数年、同様のIC カード導入は始まっているが、公共システムへのICカードの導入に関しては香港がつねに先を歩んでいる。

 ICカードは、多くの情報をICチップに書き込めば利便性は高まるが、必ずプライバシー保護が問題になる。しかし、保存する個人情報は最小限にしたまま、カードに搭載したアプリケーションを利用してさまざまなサービスを提供できることから、ICカードは大きな可能性をもっている。

 日本でも、ITによる利便性の向上とプライバシーの関係は解決しなければならない問題である。このためにも、香港のIC式IDカードの今後の行方は注目する必要がある。

« 全日空、開始7年でAMC会員数が1000万人に、記念キャンペーンを実施 | トップページ | NW、期間限定で成田発グアム線、米本土3都市で事前購入を廃止 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

第9回日経情報システム大賞「先進技術賞」を東京三菱銀行の生態認証(バイオメトリックス技術)を用いたICカードシステム
と運輸・航空業界のICタグ/RFID研究組織、ASTREC(次世代空港システム技術研究組合)の構築したRFIDプラットフォームシステムが受賞したようです。
バイオメトリックスとICタグ技術、時代を先取りした情報システムとして高い評価が得られたとのこと。
ASTRECプレスリリース→http://www.astrec.jp/gaiyou/press.html
ASTRECの無線ICタグシステムは、国土交通省と成田国際空港(株)が推進するe-airport構想の一環、国際航空輸送上で、手荷物の紛失事故がこのテクノロジで大幅に削減され、テロ対策の側面もある。
オラクル10G-WorldでもASTRECの無線ICタグ/RFIDシステムが事例紹介されてます。http://www.oracle.co.jp/case_owa/CASE/results_topics
サン・マイクロ社の導入紹介(ASTRECのRFIDトライアルの詳細が確認できます。)→http://itpro.nikkeibp.co.jp/as/sun_jirei/backnumber/as/
ICタグ、RFID技術も徐々に社会インフラとして浸透してきているようです。

第9回日経情報システム大賞「先進技術賞」を東京三菱銀行の生態認証(バイオメトリックス技術)を用いたICカードシステム
と運輸・航空業界のICタグ/RFID研究組織、ASTREC(次世代空港システム技術研究組合)の構築したRFIDプラットフォームシステムが受賞したようです。
バイオメトリックスとICタグ技術、時代を先取りした情報システムとして高い評価が得られたとのこと。
ASTRECプレスリリース→http://www.astrec.jp/gaiyou/press.html
ASTRECの無線ICタグシステムは、国土交通省と成田国際空港(株)が推進するe-airport構想の一環、国際航空輸送上で、手荷物の紛失事故がこのテクノロジで大幅に削減され、テロ対策の側面もある。
オラクル10G-WorldでもASTRECの無線ICタグ/RFIDシステムが事例紹介されてます。http://www.oracle.co.jp/case_owa/CASE/results_topics
サン・マイクロ社の導入紹介(ASTRECのRFIDトライアルの詳細が確認できます。)→http://itpro.nikkeibp.co.jp/as/sun_jirei/backnumber/as/
ICタグ、RFID技術も徐々に社会インフラとして浸透してきているようです。

shunさん、コメントありがとうございまし
た。
空港でのRFIDの利用は、とっても、興味があります。
日本の住民基本台帳カードと、ホンコンのIDカードの根本的な違いは、生活の中に、IDカードというものが、完全に入っているかいないか、という点だと思います。
例として、空港や港や駅のイミグレーションというものだけでは、片付かないものかと思います。
また、有意義な情報がありましたら、よろしく、お願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/281004

この記事へのトラックバック一覧です: ICカード化される香港IDカード:

« 全日空、開始7年でAMC会員数が1000万人に、記念キャンペーンを実施 | トップページ | NW、期間限定で成田発グアム線、米本土3都市で事前購入を廃止 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ