« 香港、1月の訪問者数は44.7%減の6万8062人 | トップページ | Q-sai合宿in河口湖 »

2004.03.08

JNTO、日本をテーマにした映画で訪日プロモを計画

 国際観光振興機構(JNTO)はアメリカ映画「ロスト・イン・トランスレーション」をテーマにした訪日プロモーションを行う。この映画はソフィア・コッポラが監督・脚本を担当した作品。新宿、渋谷、京都などを舞台に、仕事で東京に滞在するアメリカ人の男女の出逢いと交流を独特の映像美で表現ししている。世界各国で上映されており、アメリカではゴールデン・グローブ賞で3部門を受賞。アカデミー賞でも4部門がノミネートされた。欧米では同映画を見て日本への関心が高まった人が多く、イギリスの日系旅行会社クリエイティブ・ツアーが関連ツアーの販売を開始するなど、一部では取り組みが開始されている。
 そこで、JNTOでは現地ツアーオペレーターへツアー造成の働きかけを行い、該当会社の日本本社にも協力を要請するほか、ツアーが造成された場合は、共同広告やJNTOのウェブサイト、ニュースレターなどを活用した情報発信をして、販売を支援する予定だ。

« 香港、1月の訪問者数は44.7%減の6万8062人 | トップページ | Q-sai合宿in河口湖 »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/277556

この記事へのトラックバック一覧です: JNTO、日本をテーマにした映画で訪日プロモを計画:

« 香港、1月の訪問者数は44.7%減の6万8062人 | トップページ | Q-sai合宿in河口湖 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ