« 汚れても洗える小型防水デジカメ | トップページ | カンボジア、新たにビーチ・リゾートを提案、遺跡と2枚看板で »

2004.04.26

香港政府観光局加納局長、目標に前年比25%増100万人掲げる、実現に自信

 香港政府観光局(HKTB)日本・韓国地区局長の加納國雄氏は2004年度の日本人訪問者数について「目標は昨年の25%増。100万人の復活には自信がある」と語りました。

昨年のSARS禍以来一年が経過。今年1月は前年比44.7%減の6万8062人、2月は29.9%減の6万9725人、3月は約20%減と一時期の打撃から脱しているものの、本格的な回復には至っていません。SARSの後遺症、鳥インフルエンザの影響など、出足が鈍ることについて加納氏は「大きな余波を受けている」との認識を示すものの、今後の精力的なプロモーション活動で早期の100万人デスティネーションの復活を目指しています。
 このためHKTBと日本/香港間に就航する日本航空(JL)、全日本空輸(NH)、キャセイパシフィック航空(CX)、香港ドラゴン航空(KA)の航空4社と共同でモニターキャンペーンを展開し、これは新聞広告において作文を公募し、面接を経た上で香港を訪問してもらうものです。上期の5月から6月に第一弾を募集し、9月後半から10月にかけて第2弾の展開を予定しており、合計で13本のツアーを実施します。この他、5月下旬を目途に旅行会社90社の120名以上を集めた香港研修ツアーを実施し、香港の現状、新しい素材を実際に確認し、体験することで、送客の増加につなげたいとしています。

▽プロモーション活動と2004年度のイベントについて
 香港の今年のプロモーション・テーマは「香港新発見!」と題し、重点項目として「シティ/ハーバー/グリーン」、「ヘリテージ/カルチャー/イベント」「ダイニング」を掲げています。これは、ショッピングと食のイメージが強いデ
スティネーションからの脱皮を図るものです。例えば、既にプロモーション活動を開始したテレビ東京系列で放映する「香港新発見」において香港ネイチャーと題した回では香港のハイキングとして九龍のシティビユーを見下ろすことができる獅子山を取り上げるなど、従来からの都市の魅力に自然を加え、新たな旅行のトレンド定着を進めるものです。
 イベントの開催も豊富に予定されています。これまで「バーゲンセール」と銘打つイベントを今夏から「香港ショッピング・フェスティバル」と名称を変更し、6月26日から8月31日の期間に開催されます。11月下旬から2005年1月にかけては「香港ウィンターフェスタ」、旧正月を祝う「香港国際チャイニーズ・ニューイヤー・ナイトパレード」は2005年2月9日から11日を予定されます。1月から開始したイルミネーション「シンフォニー・オブ・ライツ」は香港の都会を彩るイベントとして午後8時から約20分間、毎晩実施されます。

« 汚れても洗える小型防水デジカメ | トップページ | カンボジア、新たにビーチ・リゾートを提案、遺跡と2枚看板で »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/495180

この記事へのトラックバック一覧です: 香港政府観光局加納局長、目標に前年比25%増100万人掲げる、実現に自信:

« 汚れても洗える小型防水デジカメ | トップページ | カンボジア、新たにビーチ・リゾートを提案、遺跡と2枚看板で »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ