« IXY DIGITAL 500 White Limited | トップページ | われら地球人2004年6月号 »

2004.06.05

A5405SAのジュニアモード(リミットモード)

いまさらと、思うのですが、auより発売された今年の春モデル(機種)の携帯電話「A5405SA」について、書いてみたいと思います。携帯を子供が持つ場合の「規制」についてのauの姿勢が分かるかと思います。また、これとともに、中国のインターネットの規制の関連記事を書いています。(飛躍しすぎか?)

KDDI au: 機能別製品ラインナップ > A5405SA

メールや通話が特に多い相手をペア相手に登録し、電話やメール、現在位置の通知が簡単になる「ペア機能」を装備しています。シンプルな手順で通話・メール・カメラなどの操作ができる「スマートモード」にも対応しています。さらに、小学生などの子供向けの「ジュニアモード」にも対応しています。時間割・おこづかい帳などの機能のほか、メールからURLなどへのアクセス禁止、通話時間/メール送信回数制限による使い過ぎを防止などが可能です。

通話やメールは、あらかじめ1ヶ月あたりの利用限度(リミットモード)を設定できます。パスワードで、管理者とユーザで別々に設定できる程の徹底されています。

電源をOFFにしたり、電池を抜いたり、日付を昔に戻したりしても、パスワードを知らないと、制限モードを解除できませんなんていうところは、よく「規制」することを考えていると思います。

こちらに、レビューリンクがあります。


ケータイWatch ケータイ新製品SHOW CASE

デジタルARENA / KDDI、CDMA 1X WIN初のメガピクセルカメラ端末など

ITmediaモバイル:スタイリッシュデザインの安心ケータイ~「A5405SA」

ITmediaモバイル:写真で見る、スタイリッシュな「ANNIN」と「A5405SA」 (1/2)

ITmediaモバイル:スタイリッシュな安心ケータイ「A5405SA」、今週末にもお目見え

ITmediaモバイル:auの春モデル、スペックから見る端末選びのポイント (1/2)

ITmediaモバイル:撮影モードはシンプル、特殊効果がユニーク「A5405SA」 (1/2)

ITmediaモバイル:つながっていたい気持ちを大事に~「A5405SA」 (1/2)

ITmediaモバイル:薄いけど頑丈~「A5405SA」、中身の秘密 (1/2)

¥価格.com¥ 口コミ掲示板

中国の言葉に『上面有政策,下面有対策』という言葉があります。「上に政策あれば、下に対策あり」、これは、上つまり中央政府がどういう「政策」を打ち出しても、それを受けて下部にはその政策の裏をかく「対策」を即座に打ち出すという意味です。どんなに規制をしようとしても、自分たちの利益にならないとすれば、かならず「政策」の裏をかくというものです。上の権威も威信も下は全て無視して行動しますし、上はこの下の行動を阻止する能力が無いということを意味しています。
また、下は、建前と本音(実態)を使い分けていますし、行き過ぎると、上が制度どおり引き締めます。これは、中国では、時代を問わない事実となっています。似たようなことが、日本にも少しだけ浸透してきているようにも感じます。ものごとを額面どおりに受け取ると困る点になってしまいますね。

中国は昔からなんども、統治者が変わっても大衆への「情報封鎖」は律儀にも引きつがれてきました。それは国土の広大さと人口の多さにも関係しています。また、時の統治者にとって「愚民政策」は最良の政策であり「政権延命」のキーポイントと、言われてきました。インターネットは「情報開示」の旗手であり最高の情報手段になりました。いくら上が「民主化」とか「人権」のホームページを規制しても、新聞・雑誌等の活字メディアのようには行きません。なぜなら技術革新が激しいインターネットにおいては情報封鎖には限界があるからです。逆に言えば情報封鎖を破るのがインターネットだからです。

中国は今まで「中国式市場経済」の導入により徐々に豊かになってきました。しかし市場経済の「負の遺産」も見逃すことはできません。経済発展著しい沿海部と内陸農村部との所得格差がますます広がってきております。今に始まった訳ではありませんが、役人主導による汚職の蔓延等により公平公正感が大きく崩れてきています。1949年の建国理念が現在の風潮とがますます乖離するようならば、インターネットの付け込むスキはいくらでもあります。昔から組織崩壊の最大の原因は、内部からと言われています。この内部からの情報開示状況に、キチンとした対応を取らないと明日の中国なくなると思います。「法輪功」(http://faluncanada.net/)の事件は、徒党を組んでの単なる民主化要求デモと捉えるべきではなく、この出来事こそが、実は中国におけるインターネット事件の幕開けだからです。
「法輪功」の事件を題材として、さいとうたかおの劇画「ゴルゴ13」にあるので興味がある人には、分かりやすいと思います。

1989年6月4日に起こった、北京の天安門前広場で座り込みをしていた学生・市民に対し,中国当局が弾圧し流血騒動となった事件(天安門事件)から、もう、かなりの歳月が流れています。当時、ホンコンの街中でもこの事件に対する反政府デモが連日ありました。

当時のホンコンは中国に返還される以前の英国の統治下の時代とはいえ、日本に対する「第2次大戦」の遺恨が、このデモの中でいつ向けられるか分からりませんでした。というのは、実際に、日系企業向けに、脅迫状のFAXは多数投函されていました。なぜ、天安門事件と第2次大戦が同一視されるかは、不明です。でも、群集心理の中で、いつ自分が敵視されるか不明な要素を持ったままでの参加は、ためらうものがありました。そのような理由で、仕事が終わると、ロカールのスタッフに誘われましたが、とても、反政府デモに参加するわけにはいかず、ビクトリア公園やガウルーン公園に近づかないように、当時を知るものからは信用されませんが、夜の行動も自粛していました。

昨晩、二つのニュースが流れていて、その当時の記憶と共に、「長崎の事件」と「6月4日」の二つの共通点を絡めて、書いてみました。

天安門事件15年 中国、民主化の再燃防止へ締め付け - asahi.com : 国際

BBC NEWS | Asia-Pacific | Tiananmen bloodshed remembered

CNN.com Specials


« IXY DIGITAL 500 White Limited | トップページ | われら地球人2004年6月号 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/714400

この記事へのトラックバック一覧です: A5405SAのジュニアモード(リミットモード):

« IXY DIGITAL 500 White Limited | トップページ | われら地球人2004年6月号 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ