« マルチナンバーサービスは、宝の山? | トップページ | ヒルトン・モルディブ・リゾート&スパのリニューアルが完成 »

2004.06.12

The Deep


cover




古い映画ですので、映画批評は、ここでは、おいといて、海の画像、水中映像としてみるとなかな見ごたえがあります。ダイビング好きの人は、騙されたと思って、レンタルなんかも良いと思います。

ザ・ディープ(1977)(The Deep)

上映時間 123 分 製作国 アメリカ 公開情報 COL 初公開年月 1977/07 ジャンル サスペンス/アドベンチャー

《公開時コピー》
謎のバミューダ海域に眠る巨万の富- 知られざる深海にいま、未曾有の恐怖が襲いかかる!

監督: ピーター・イエーツ Peter Yates
製作: ピーター・グーバー Peter Guber
原作: ピーター・ベンチリー Peter Benchley
脚本: ピーター・ベンチリー Peter Benchley
トレイシー・キーナン・ウィン Tracy Keenan Wynn
撮影: クリストファー・チャリス Christopher Challis
音楽: ジョン・バリー John Barry
 
出演:
ロバート・ショウ Robert Shaw
ジャクリーン・ビセット Jacqueline Bisset
ニック・ノルティ Nick Nolte
ルイス・ゴセット・Jr Louis Gosset Jr.
イーライ・ウォラック Eli Wallach
ロバート・テシア Robert Tessier
ディック・アンソニー・ウィリアムズ Dick Anthony Williams
アール・メイナード
ボブ・マイナー Bob Minor

あらすじ:
フロリダ沖でスキューバ・ダイビングを楽しんでいた新婚カップルが偶然発見したスペイン金貨。二人は金貨の眠る沈没船を追って海底に潜るが、その前に謎の一味が現れる。沈没船には財宝だけでなく大量の麻薬も隠されていたのだ。大ヒット作「JAWS/ジョーズ」に次ぐP・ベンチリー原作の映画化だけに注目を集めたが、その中身はバミューダを舞台にしたスタンダードな海洋サスペンスであった。もっとも、P・イエーツの手堅い演出と大規模な水中セット(実際に海水を汲み上げて造られた)の迫力で、冒険映画としての水準は保っている。主題歌はドナ・サマー。


« マルチナンバーサービスは、宝の山? | トップページ | ヒルトン・モルディブ・リゾート&スパのリニューアルが完成 »

ダイビング」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

近所のCDショップで、1枚買ったらもう一枚4000円のものが、2000円で売っていました。もう一枚は、付きますかと、聞いたら、さすがに無理でしたが、20年以上前の映像ですが、ディープダイビング、沈潜ダイビング、お宝探しダイビングというもう、おいしいいダイビング映画です。ストーリーよりも、ダイビング映像に注目してくださいね。JAWSを意識した作品ですが、SFXも無い時代ですから、全部、水中映像だと、思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/755260

この記事へのトラックバック一覧です: The Deep:

« マルチナンバーサービスは、宝の山? | トップページ | ヒルトン・モルディブ・リゾート&スパのリニューアルが完成 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ