« 稲本さん | トップページ | 蔵衛門10 »

2004.07.31

ラリージャパン

今年、初めて開催されるラリージャパンです。オープン環境という厳しさもありますが、自然との共存と、事故対策をきちんとすれば、良いイベントになるはずです。オーガナイザーの力量が試される大型イベントです。安全に楽しめるイベントになり、毎年の定番になって欲しいというイベントです。天候にも寄りますし、カッコは悪いですが、雨具や長靴を準備しての観戦が良いと思います。


OVERALL
名称:RALLY JAPAN
場所:北海道十勝地方
日程:2004年 9月 03~05日
路面:グラベル
エントリー台数:MAX90台

FIA公式タイトル
2004 FIA World Rally Championship for Drivers
2004 FIA World Rally Championship for Manufacturers
2004 FIA Asia-Pacific Rally Championship for Drivers and Co-drivers
2004 FIA Asia-Pacific Rally Cup for Manufacturers
2004 FIA Asia-Pacific Rally Cup for Drivers and Co-drivers of Production Cars
2004 FIA Asia-Pacific Rally Cup for Drivers, Co-drivers, and Manufacturers of Super 1600 Cars
2004 FIA Asia-Pacific Rally Cup for Drivers, Co-drivers, and Manufacturers of 2-litre 2wd Cars


観戦インフォメーション
9月2日 セレモニアルスタート(帯広市市街:19:30)
9月3日 レグ1
9月4日 レグ2
9月5日 レグ3
9月5日 セレモニアルフィニッシュ (北愛国サービスパーク:16:00)

ラリージャパン専用デスク
観戦ポイントなどについての
お問合せは
03-3273-9202
平日午前10時~午後5時  
土日・祝日を除く

観戦チケットは、こちらから。
SSや林道で見られます。おおよそ、4000円から8000円となります。
シャトルバスは、1000円ですね。

ラリージャパンの観戦に関するQ&Aが便利ですね。

JTBのラリージャパン観戦ツアー

近畿日本ツーリストのラリージャパン観戦ツアー

日本旅行のラリージャパン観戦ツアー

プジョー・ジャポン ウェブマガジン - Le Club PEUGEOT

WRC Rd.11 Rally Japan | Subaru Motorsports Magazine

Mitsubishi 2004 WRC

SUZUKI-MOTORSPORT

十勝ナビ - 【特集】ラリージャパン・モータースポーツ

ラリー・ジャパン支援歓迎実行委員会!


« 稲本さん | トップページ | 蔵衛門10 »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/1090885

この記事へのトラックバック一覧です: ラリージャパン:

« 稲本さん | トップページ | 蔵衛門10 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ