« 運転中に携帯で罰金、11月1日スタート | トップページ | Mobile Movie On WEB »

2004.08.25

China Multi VISA in HKG

6ヶ月・1年連続滞在可能な中国ビザ(香港取得のFビザ)

--------------------------------------------------------------------------------
 日本で通常取得できるビザは、1回の最大滞在期間が30日に制限されている
ものが基本です。長期に滞在したい場合は、現地の公安局で延長のてつづきを
取ることになりますが、香港では、180日間連続して、中国に滞在できるFビザの
取得が可能です。なお、最近、これに加え、1年マルチビザ(Fビザ)が発給される
ようになり、最長1年まで連続滞在が可能なビザが取得できるようになっています。

 この長期連続滞在可能なビザは、Fビザ(訪問ビザ)になります。ビジネスの場合、
Fビザを取得しますが、この6ヶ月・1年マルチビザ(Fビザ)には、2種類あります。

 その1つは、「中国外交部」が発給するものです。半年マルチビザの場合、6ヶ月
の間に、何度も出入りできますが、 シール式のビザの中に、30日以上続けて滞
在できない(DURATION OF STAY 030 DAYS)の一項目が記載され、1回の最大
滞在日数は、30日に制約されています。 日本の領事部、香港外交部で取得す
る半年マルチビザ(Fビザ)は、このビザになります。

 もう一つは、「中国公安部」が発給する半年・1年マルチビザ(Fビザ)で、これには
上記の一項目が入らないため、 最長6ヶ月・1年まで連続して滞在でき、長期滞在
が可能なビザです。香港で取得するビザとしては一番お薦めです。

 この滞在期間に制約が入らない「中国公安部」発給ビザは、日本では取得が困難
かと思いますが、香港では、ビジネス目的でなくても、誰でも簡単に取得可能です。
ただし、 申請日から 、1年以内に、中国に入った実績(1次、2次ビザでもOK)が必
要になります。

 香港では、「華世旅行社有限公司 」や「日本旅行社」でも代行取得してくれます。
なお、この2社は、日系ですから、日本語でOKだと思います。下記のホームページ
を参考にして下さい。

 取得費用は、半年マルチビザ(Fビザ)の普通申請で、 480~500香港ドルとな
っています。普通申請の場合は、月曜日~土曜日の12時前申請 -> 翌日18時以
降受け取り 、月曜日~金曜日の17時前申請 -> 翌々日 13時以降受け取り とな
っています。(華世旅行社有限公司 の場合)  詳しくは、下記のホームページに記
載されています。


 「華世旅行社有限公司 」
 http://www.chinaworld.com.hk/

 「日本旅行社」
 http://www.emingcompany.com/jtav3/jaindex.php#chinavisa
 

« 運転中に携帯で罰金、11月1日スタート | トップページ | Mobile Movie On WEB »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/1265999

この記事へのトラックバック一覧です: China Multi VISA in HKG:

« 運転中に携帯で罰金、11月1日スタート | トップページ | Mobile Movie On WEB »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ