« アーティスティックな建築物 | トップページ | 日本学会事務センター »

2004.08.15

アテネ・オリンピック保険

オリンピックが、始まりましたが、こういうサービスが多いんですね。無いよりは、ましだと、思いますが、本当に、急患だったらば、保険屋さんに電話する前に、救急車を呼ぶのが、普通だと、思うけど、海外だと、違うのでしょうか?
日本でも、交通事故を見かけたりしたら、警察や救急車を呼んだあとに、保険屋さんに電話をするけれどなあ。
理屈では、分かっていても、アテネで、救急車で運ばれた病院のドクターも看護士も、日本語が話さなかったら、不安でしょうがないから。というのが、真相かも知れませんね。手遅れにならないと、良いのですが。
もし、日本において、駅や道端で、具合の悪い人や、交通事故で倒れている人を見かけた場合に、その人が、明らかに日本人でなかったとしたら、119番に電話する前に、まずは、最初に、その人とコミュニケーションのとれる(母国語)を話せる、お医者さんを探すのだろうか?
私の自宅の近所で、外国語に堪能な、24時間対応な日本人のお医者さんが、どこの病院に、いるのかは、私は、知らない。

アテネ五輪観客に照準、三井住友海上が無料電話(NIKKEI NET-アテネ五輪)2004.04.17

損保、五輪客向けサービス拡充(NIKKEI NET-アテネ五輪)2004.05.18


オリンピック観戦もこれで安心!海外旅行総合保険 アテネ五輪専用臨時サービスラインを開設(三井住友海上) 2004.03.16

海外旅行傷害保険 アテネ五輪専用あいおい海外あんしんダイヤルを開設(あいおい損保)2004.04.27

海外旅行保険 損保ジャパン「アテネオリンピックホットライン」の設置(損保ジャパン)2004.04.28

24時間対応のアテネ五輪専用の臨時サービスデスクを開設(ジェイアイ傷害火災)2004.05.19

アテネ五輪開催時の現地サポートデスク設置等(東京海上火災)2004.06.22

AIUアテネ日本語デスクオープン!!(AIU保険)2004.08.13


« アーティスティックな建築物 | トップページ | 日本学会事務センター »

心と体」カテゴリの記事

コメント

初めまして、こんにちは。
日本だと医療って点数で計算されて、日本人ならたいてい健康保険でカバーされますから問題なくなんでもかんでも検査しますけど、その他の国ですと日本人は当然外国人なので、健康保険制度があったとしても保険料を支払っていないので、対象外。つまり、日本で言う10割負担なわけで、病院で支払う額が日本の感覚では高額なわけですよね。
それ以外に、健康保険制度がきちんとしていない国では、国内の患者に対しても医者が患者の支払える金額内でしか検査をしないので(特にアメリカ・ヨーロッパ)、運ばれてきた患者の意識がある場合は、「CTスキャンやるか?」とか聞いてからやる、というような事情もあります。
で、外国人かつ海外旅行保険が適応されている患者にはあれこれ検査するけど、そうではない患者には…なんてことが結構あるんですね。
命の危険がある場合は別ですが、患者の予算内でやらないと、こっちが赤字、という事情がある国では仕方が無いんだろうなぁ、と思います。

余談ですが、MRIが大規模病院ならどこにでもある、なんてのは私の知る限り日本・タイ・フィリピンくらいで、アメリカなんてCTでさえ普及率が低いです。病院にも富裕層御用達から貧困層御用達があるっていうのが、なんだか納得いかないですけど。どこの病院に入院したかでその人の経済状況までわかるって、日本だと考えられないですよね。。。

みれに さん、はじめまして、ご丁寧なコメントありがとうございました。
熱心なコメントで、大変ありがとうございます。また、視点の違った意見でもあり、大変有意義と思います。
医療を受けるにも、金銭の保証が必要という、保険の本質の部分に関するコメントは、当たり前すぎますが、私の記事からは、それが感じられずに、コメントいただいたと思います。
また、何かあれば、よろしく、お願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/1199051

この記事へのトラックバック一覧です: アテネ・オリンピック保険:

« アーティスティックな建築物 | トップページ | 日本学会事務センター »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ