« シャングリラが東莞に! | トップページ | エアー・パラダイス・インターナショナル »

2004.10.08

Olympus AZ-2 Zoom

フォトキナの2004にて発表されましたが、日本のWEBには、なかなかアップがされませんが、販売しないのでしょうか?思うようにAZ-1の国内在庫が履けない為に、しばらくお蔵入りでしょうか?決して悪いモデルとは思いませんし、コンパクト・デジタルカメラに全てを望んでも仕方がないなかなあ、と、思います。
使いにくい(ジョイステックの反応が鈍い)、ホールドしにくい、と不評だったデザインは、AZ-1に比べて普通にスリムコンパクトって感じに変わった感じです。
とにかく、シャープ製の画面が綺麗、画面が大きい。につきると、思います。使いやすさが、どれくらい改善されれば、と、思いますが、お店に並んだら、触って見ないと分かりませんね。それと、オリンパスの最近の傾向として、レンズが暗いのが難点ですね。広角が、35ミリで、40ミリなのは、ほとんど、どうなんだろう、?撮影した画像を比べれば、分かるとおもいますけれども、さらに、大口径レンズ、レリーズタイムが早ければ、もちろん、ハウジングがあれば、買いなんですけどね。。また、しばらく、様子見です。

az2_zoom.jpg

20.1ミリのスリムボディ
重さ160グラム
400万画素
1/2.7" タイプのCCD
2.5インチで21万ピクセル画像
2.8倍の光学ズーム(5.5倍のデジタルズーム)により最大11倍ズーム
35ミリ換算で、40ミリから112ミリ
F2.9-F4.8
マクロ 0.3 m - 0.5 m(30センチから50センチ)
TruePic TURBO映像エンジン
13シーンプログラム は、以下のようになっています。
• Programme AE (プログラム)
• Landscape
• Landscape with portrait
• Night scene
• Night scene with portrait
• Indoor
• Fireworks
• Sunset
• Portrait
• Self portrait
• Cuisine
• Sports
• Beach and snow
• Sleeping face
簡単操作のジョイスティックボタン
PictBridgeのサポート
手ぶれ補正サポート(動画のため)

US$ベースで、350ドル、英国ポンドベースで299ボンドですから、決して高くはないし、ノキアの携帯ハイエンドモデルよりも安いです。

Olympus Camedia AZ-2 Photokina 2004

Olympus AZ-2 Zoom: Digital Photography Review

OLYMPUS Digital Imaging - AZ-2 ZOOM

AZ-2

« シャングリラが東莞に! | トップページ | エアー・パラダイス・インターナショナル »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

日本では、初代が失敗してしまったために、2代目の発売が見えなかったAZ-2ですが、コジマからの限定で発売されるようです。

コジマ、新生活者向け家電としてオリンパス「CAMEDIA AZ-2 ZF」を発売
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2005/01/12/744.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/1580383

この記事へのトラックバック一覧です: Olympus AZ-2 Zoom:

« シャングリラが東莞に! | トップページ | エアー・パラダイス・インターナショナル »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ