« タイのホテル考 | トップページ | ホームページ・ビルダー V9 »

2004.10.22

ホテル戦争イン東京

業界では、客室の供給過剰を「2007年問題」

フォーシーズンズホテル丸の内 東京
http://www.fourseasons.com/jp/marunouchi/summary/

グランドハイアット東京(Grand Hyatt Tokyo)(六本木ヒルズ)(2003年4月開業)http://www.grandhyatttokyo.com/

パークハイアット東京(Park Hyatt Tokyo)(新宿)“新御三家”
http://www.grandhyatttokyo.com/

東京の二つのハイアット
http://bb.warp-crew.com/20.php

東京のホテル王
http://hotelking.fc2web.com/

東京ホテル戦争
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/archive/news/2004/04/20/20040420dde001070016000c.html

東京都心へ著名外国ホテルが大挙進出
http://www.fpcj.jp/j/fshiryou/jb/0310.html

ペニンシュラ ホテルズ東京(日比谷)
米国の最大手の旅行雑誌 「Conde Nast Traveler」誌が2003年11月号で発表した“読者が選ぶ世界のホテル・リゾート・クルーズ トップ100”のランキングにてペニンシュラホテル・ブランドの5軒がランク・インしています。そのうち、本家本元の香港のペニンシュラホテルは、世界第7位、タイ、バンコクのペニンシュラは、世界第5位という最高級のホテルです。世界全国に、7ヶ所(香港、ニューヨーク、シカゴ、ビバリーヒルズ、バンコク、パレス北京、マニラ)にあり、アジアを中心に発展を続けているペニンシュラホテルズ。8番目のホテルとして、2007年夏に東京日比谷にオープンします。315室の部屋と最高級のサービスを提供。日本を代表するホテルの1つとなります。

「ウェスティン東京」(恵比寿)“新御三家”
http://www.westin.co.jp/index.html

「フォーシーズンズホテル椿山荘」(東京文京区関口)“新御三家”
http://www.fourseasons-tokyo.com/

「セレスティンホテル」(芝公園)
http://www.celestinehotel.com/

「ホテルインターコンチネンタル東京 」(お台場)
http://www.interconti-tokyo.com/

東京マリオットホテル錦糸町東武(錦糸町)
http://marriott.co.jp/Channels/Japan/property/TYOJP/propertyPage.mi

「ホテル グランパシフィック メリディアン」(お台場)
http://www.htl-pacific.co.jp/grand_pacific/news/index.html

「ホテル日航東京」(お台場)
http://www.hnt.co.jp/

「ホテルオークラ東京ベイ」(舞浜)
http://www.okuratokyobay.net/

「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」(舞浜)
http://www.sheratontokyobay.co.jp/

「」(舞浜)

「」(舞浜)

「ストリングスホテル東京」(品川)
http://www.stringshotel.com/

「ロイヤルパーク汐留タワー」(汐留)(2003年7月開業)
http://www.rps-tower.co.jp/index.html

「渋谷セルリアンタワー東急」(渋谷)
http://www.ceruleantower-hotel.com/

ホテルパシフィック東京(高輪)
http://www.htl-pacific.co.jp/pacific/inquiry/index.html

バブル経済崩壊後のホテル業界は、1990年代半ばまでに
フォーシーズンズ椿山荘
ウェスティンホテル東京
パークハイアット東京
のいわゆる新御三家が出揃ったこと

老舗御三家

「ホテルニューオータニ」
http://www.newotani.co.jp/tokyo/
「1600の客室と大小宴会場、日本庭園まで備えた百貨店。一定の客層を狙う専門店の外資とは別」

「帝国ホテル」(日比谷)
http://www.imperialhotel.co.jp/
08年までに約170億円をかける全面改装で対抗する。「インペリアルフロア」と名づけた16階が先月末、リニューアル

「ホテルオークラ」(赤坂)
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/index.html
「日本文化がかもし出す雰囲気など、独自性がある」

芸能人の結婚式の御用達
高輪プリンスホテル
http://www2.princehotels.co.jp/app_room/piq0010.asp?hotel=004

« タイのホテル考 | トップページ | ホームページ・ビルダー V9 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うっかり、見逃して、レスを忘れていました。
深くお詫びをします。m(__)m

都営地下鉄「芝公園」駅近くのセレスティン・ホテルは、大通りに面していますが、ちょっと、場所がなあ、と、思っていましたが、近くには、オリックス東京オフィスなどがあり、東京タワー見学の観光というよりも、ビジネス客がターゲットなのか?という立地に感じています。駅からは、近いから、不便ではないと、思いますが、ホテル周辺に飲食街もないし、ちょっとさびしいなあ、と、思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/681241

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル戦争イン東京:

» ウェスティン東京 [ちょびっと日記]
ウェスティン東京ができて今日10月14日で10年を迎えるらしい。それにあわせてエグゼクティブラウンジ ができる。(ホテルのリニューアルも随時していく)ウェスティ... [続きを読む]

» 意味のあるホテル宿泊(東京篇) [龍の目]
さて「意味のあるホテル宿泊」第3回です。 今回は最終回の東京篇。 会社でちょっとした資格を取るように業務命令があり、 生まれも育ちもコテコテの文系人間... [続きを読む]

« タイのホテル考 | トップページ | ホームページ・ビルダー V9 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ