« 成田-ロサンゼルス線を2005年6月から増便 | トップページ | レアル・マドリードの公認観戦ツアーの独占販売 »

2004.11.16

飛行機内での携帯電話の利用

ITmediaモバイル:携帯電話の「電波オフモード」を考える (1/3)

携帯電話「10年以上の使用で、脳腫瘍が2倍に」と、いうような、記事もありますね。

関連記事を拾ってみます。
http://news.goo.ne.jp/news/infostand/it/20041014/1364808.html

http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/technology/story/20041014304.html


http://www.imm.ki.se/PDF/Press%20release%20Oct%2013%202004.pdf

カロリンスカ研究所

ダイビングと旅行: 航空機内での携帯利用に向け、一歩前進

ダイビングと旅行: コネクション・バイ・ボーイングの日本初は、全日空から

ダイビングと旅行: コネクション・バイ・ドコモ

2004年12月16日記事追加
ITmediaモバイル:FCC、航空機内の携帯利用規制緩和を提言

米連邦通信委員会(FCC)は12月15日、航空機内での携帯電話利用を禁じた規制の緩和を提言した。一定の条件下で携帯電話や無線端末の利用を認める方向。

 FCCや米航空局(FAA)の規定では現在、管制システムへの干渉を避けるため、航空機の離陸後は携帯電話のスイッチを切ることを義務付けている。

 これに対して今回の提案は、市販の携帯端末を最低限の出力で利用し、地上のシステムに干渉するような電波を放出しないことを条件に、機内の携帯利用を認めるという内容。 

プレスリリース(PDF)

2004年12月16日記事追加(さらに追加)

米連邦通信委員会(FCC)は12月15日、飛行機の乗客が機内で利用できる通信サービスの新生面を開くことになるであろう新たな取り組みに着手した。FCCは現在上空と地上間の電話サービスに割り当てられている周波帯を競売にかけることを決定したほか、機内での携帯電話利用に関する規制の緩和を提案している。
ITmediaモバイル:航空機内の携帯サービスに向け、FCCが周波数を競売へ
業界団体のConsumer Electronics Association(CEA)は7月1日、旅客機内などで携帯電話の通信機能がオフになっていることを確認できるよう、共通のシンボルを打ち出すプロジェクトを発表した
ケータイ切らずに機内でゲームも

ITmediaニュース:ケータイ切らずに機内でゲームも

CEAのプレスリリースhttp://www.ce.org/press_room/press_release_detail.asp?id=10498

ANA「安全への取り組み」

Question
航空機内での迷惑行為を防止する法律がありますか?
Answer
航空の安全を図るための改正航空法が平成16年1月15日から施行されました。
法律により化粧室での喫煙が禁止され、携帯電話の使用、離陸・着陸時における座席ベルトの非装着、乗降口扉の操作、手荷物の通路放置などについても原則として禁止されています。 機長の禁止命令に従わない場合、50万円以下の罰金が科せられることがあります。


JALグループ 「サービス宣言」
安全に、快適にご旅行いただくためのお願い
当社は、安全については、グローバル・スタンダードを超えた常に最高のものを目指しており、JALグループ社員全員が「安全運航は航空会社の基本命題」を肝に銘じ、それぞれの持ち場で安全運航の堅持に最善を努めてまいります。
つきましては、お客さま一人一人が、安全にかつ快適に空港・機内でお過ごしいただくために以下のとおりご協力をお願いしたいと存じます。
・搭乗開始時間までに搭乗口にお越しいただくこと
・機内持込み手荷物の制限を守っていただくこと
・航空会社社員の指示に従っていただくこと
・"機内迷惑行為"をおやめいただくこと(※)
等でございます。

(※) 2004年1月15日から改正航空法が施行され、化粧室内での喫煙、携帯電話等の電子機器の使用、乗務員の業務の妨げなどの"機内迷惑s為"が法律で禁止されることになりました。お客さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。


http://www.jal.co.jp/jalnews/service/04.html

« 成田-ロサンゼルス線を2005年6月から増便 | トップページ | レアル・マドリードの公認観戦ツアーの独占販売 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今日飛行機に乗ったのですが、離陸した直後から携帯電話を使っている人がいました。見た目はいかにも「自由業」っていう感じの人。
で「安全の為に使っちゃいけないんじゃないんですか?」って言ったら、「電波が出ないやつなんです、知らないんですか?」って感じの回答。確かに電波オフ機能は私の持つ機種にもあるから知っているけど、その人が持っている機種が本当に電波オフ機能を持っているのか、本当に電波オフ状態にしているのかという疑問がついて離れませんでした。ちょっと見ては横に置くの繰り返しで、電波オフ機能があることを逆手に、メールをしている気配がたっぷり。本人の見た目が見た目だったし、画面は見えないようにカバーシールが張ってあり疑わしさが倍増。
自分が使っている機種以外の携帯の機能を熟知している人は少ないし、ほかの携帯会社の機種まで把握している人なんてもっと少ないと思うし。いっそのこと電源を入れることそのものを禁止とする、統一基準を作って欲しい。

全面禁止にしてほしい さん、コメントありがとうございます。

この飛行機内での携帯電話の使用は、「コネクション・バイ・ボーイングの日本初は、全日空から」の記事にも書きましたが、
http://diving.air-nifty.com/marlene/2004/09/conection_by_an.html
改正航空法により、機長の禁止命令に従わない場合、50万円以下の罰金が科せられることがあるんですよね。
コレは、ANAにしろ、JALにしろ日本の航空会社ならば、日本の法律の配下にありますので、一緒なんですよね。それは、下記のアドレスをご覧いただければ、分かることと思います。
最終的な判断は機長(キャプテン)判断ですが、悩まずに、キャビンアテンダント、チーフパーサーなどにご相談されるのが、良いかと思います。

ANAの企業情報「安全への取り組み」
http://www.ana.co.jp/ana-info/ana/lounge/request/cooper/reque4_7.html

JALグループ 「サービス宣言」
http://www.jal.co.jp/jalnews/service/04.html

私は、航空機内での無線機器の使用に特に反対しているわけではなく、良いものは良い、悪いものは悪いとして、特に、訳隔てなく、記事にしていけたらと、思っています。また、よろしく、お願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/1807608

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機内での携帯電話の利用:

« 成田-ロサンゼルス線を2005年6月から増便 | トップページ | レアル・マドリードの公認観戦ツアーの独占販売 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ