« CXの新ユニフォーム | トップページ | スターアライアンスの加盟航空会社間のeチケット接続サービス »

2004.12.27

飛行機内へのフィルムの持込について

フィルムメーカー5社の連名という珍しい形ですが、飛行機を利用する方へのお知らせとして「未現像のフィルムは『手荷物』として機内に持ち込むことをおすすめします」と、感材メーカー5社(コニカミノルタ、富士フイルム、コダック、日本アグフアフォト、日本ポラロイド)が注意を喚起しています。
もともと、以前から、フィルムをX線検査などに通すと、良くないために、セイフィティバッグなどに入れることをオススメします。

以前、フィルムカメラを使っていたときには、KING製の35ミリフィルム30本が入るタイプを使っています。コンパクトカメラや写るんですなど、まるごと入れられるので、便利です。
:::KING::撮影用アクセサリー:::

それと、デジタルカメラについては、メモリー製造元のSANDISKよりレポートが出ています。
ダイビングと旅行: X線カメラとデジタルカメラ

昨年9月の米国における同時多発テロ事件以降、多くの空港で預け入れ荷物検査用に最新型の強力な検査用X線装置の導入が進み、これによるフィルムのカブリ事故が増加傾向にあります。このような状況からフィルムメーカー5社では、年末年始の海外旅行シーズンを前に飛行機をご利用される方に搭乗手続き時のご注意を促させて頂くことにいたしました。  荷物検査は、国・機関等によりさまざまな設備・方法で行われているため一概には申せませんが、お客様の大切なフィルムが検査装置によってカブリ等の影響を受ける可能性を低減するために、以下のフィルム取り扱いをおすすめいたします。  「飛行機をご利用の際、撮影前か撮影済みかにかかわらず、未現像のフィルムは、搭乗手続き時に預け入れ荷物として航空会社に預けず、『手荷物』として機内に持ち込むことをおすすめします。」  最新型の荷物検査用X線装置は、X線とCTスキャン(コンピューター断層撮影)を組み合わせて、預け入れ荷物の中の不審物を検査するもので、精密な検査を要する不審物を検知すると、高出力スキャンに切り替わります。これにより縞模様やカブリなどがフィルムに生じ、写真が台無しになってしまうことがあります。  このような検査装置による影響は、撮影前か撮影済みかにかかわらず、未現像の写真感光材料〔例 カラーフィルム、黒白フィルム、スライド用(リバーサル)フィルム、レンズ付フィルム、インスタントフィルム等〕に起きる可能性があります。なお、現像済みであれば影響を受けません。  機内持ち込み手荷物検査用X線装置の大多数は、ほとんどのフィルムには安全と言う実績があります。但し、X線検査を何度も受けることが予想されるときや、超高感度フィルム等で影響が懸念されるときは、機内持ち込み手荷物から取り出して、X線を当てない目視(手)検査を受けられることをおすすめします。 フィルム110番-空港でのX線検査-

« CXの新ユニフォーム | トップページ | スターアライアンスの加盟航空会社間のeチケット接続サービス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/2372067

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機内へのフィルムの持込について:

« CXの新ユニフォーム | トップページ | スターアライアンスの加盟航空会社間のeチケット接続サービス »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ