« cocolog Search | トップページ | マリオットホテルのベッドの一新 »

2005.02.16

モルディブのヒルトンに水中レストランがオープン

ヒルトン・モルディヴに、2005年3月15日に、世界初の水中レストラン「ITHAA(イータ)」がオープンします。
このレストランは、簡単に言うと「水族館のレストラン」と言われる物で、天井、壁が180度、全面に透明のアクリルに囲まれている空間となっており、モルディブの海中、色とりどりの魚たちを見ながら食事ができるというものです。
このレストランでは、専用の水上デッキで食前酒を取った後、水中へ続くらせん階段を降りて行って、全席数が14席のレストランに案内されます。レストランの料理は、すばらしい景色にあわせて、テーマを「現代モルディブ風」としています。モルディブならではのスパイス、伝統的な香料を取り入れた、洋風にアレンジしたフュージョン料理がたのしめます。

Hilton Maldives Resort & Spa Rangali Island
Rangali Island, PO Box 2034, Rangali Island, NA MV 2034
Tel: +960-4-50629 Fax: +960-4-50619
e-mail:maldives@hilton.com
Hilton Maldives Resort & Spa Rangali Island
http://www.hilton.com/en/hi/hotels/index.jhtml?ctyhocn=MLEHITW

2005年02月19日追加
世界初の水中レストラン「ITHAA(イータ)」。この“イータ”という名前は、モルディブの言葉では“真珠”を意味します。モルディブの海の中でも、ひときわ輝く存在をイメージして、こう名付けられたそうです。

設計は、世界各国の水族館をデザインしている、ニュージーランドのデザインコンサルタント(M.J. Murphy Ltd)により作成されました。水族館に用いられてる最新のテクノロジーを、実際に、そのままに取り入れた、横場が5mで長さ10mのアーチ型式となったスペースを、6mまで水中に沈めています。
レストランの片方には、モルディブでも有数の絶景を誇るリーフを見渡せるようにし、反対側では限りなく透明なラグーンを見せているという、水中でも、また凝ったローケーションとなっているようです。

ロケーションはすばらしいですが、味が・・・となっては、「いかんともしがたい」となってしましますが、肝心の料理の
方は、このモルディブの美しさや、このレストランのロケーションに負けないように努力されており、そこにも、こだわりがあるようです。料理のテーマは、「現代モルディブ風」というもので、端的に言ってしまえば、モルディブの伝統的な食材・料理法をベースに作られた「モルディブ風創作料理」ということになります。この地ならではといわれる、独自のスパイス、伝統的なフレーバー(香草)を、ふんだんに取り入れておりながら、洋風アレンジを効かせた、まったく新しい未来(フュージョン)感覚の料理が出されます。
リゾートに行くと、お決まりと言いますか、どこでも出てくる、ありきたりなシーフード料理に頼るだけでなく、料理に対する追求、その発想というものが、魅力とも伝わってきます。
さらに、料理の味を引き立てる、重要なアイテムに欠かせない存在となっている、ワインです。こちらについても、抜かりはなく、独自に選択された、世界中のプレステージワインを堪能できます。たとえば、フランスのルイ・デレーラから直接取り寄せた、プレステージ・シャンパンなどが、上げられます。つまり、ここに行くことによって、パリ、ニューヨーク、ホンコンと言った、一流のレストランの味が、楽しめるということなのです。
どのような、感じになるかを、例にとりますと、まずは、専用の水上デッキにて、食前酒を頂くことから、このレストランでのオープニングが始まります。その後、水中へと続く、螺旋階段を、ゆっくりと下りていきますと、目の前に広がる、モルディブのこれぞ、ましくブルーが、目の前に広がります。その座席数は、14シートとなり、スタッフのサービスの雪と届いた中での、落ち着いた食事を召し上がることが、可能となります。
 モルディブの海と、そこにいる人たちだけで独占しているような、一体感の中での、海を十二分に堪能できるお食事を、お召しあがりください。

Hilton Worldwide Resorts
http://www.hiltonworldresorts.com/

Hilton Maldives Resort & Spa
http://www.hiltonmaldivesresort.com/

« cocolog Search | トップページ | マリオットホテルのベッドの一新 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

hiroshiyさん、こんばんわ。
トラックバックありがとうございました。
いつも、お邪魔ばかりしていてすみませんです。

写真ですが、オープン前ということですので、本日付けで加えました、記事のなかの
Hilton Maldives Resort & Spa
http://www.hiltonmaldivesresort.com/
のwebに使われている写真ぐらしか公表されていないようですね。
http://www.hiltonmaldivesresort.com/images.htm
ただ、こちらの写真は、プレス、旅行代理店向けということもあり、他のヒルトンのWEBで使われているものと素材は同じですが、サイズが、「大きい」です。なので壁紙には、もってこい!とも、思います。

それと、こちらのニフティのサーバーがおかしいのか(年中BUSYなのは致し方ないですね)、トラックバックが、4回もありましたので、最初のものにしました。

また、なにかございましたら、よろしく、おねがいします。

JohnClarkさん、こんにちは。トラックバック何回も行ってしまったのですね、すみませんでした。またサイトの情報ありがとうございます。早速拝見します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/2949329

この記事へのトラックバック一覧です: モルディブのヒルトンに水中レストランがオープン:

» モルディブ ヒルトンの水中レストランIthaa Undersea Restaurant [ダイビングと水中写真 最新情報]
モルディブ ヒルトンはリゾートしてもダイビングスポットとしても有名なホテルですが... [続きを読む]

« cocolog Search | トップページ | マリオットホテルのベッドの一新 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ