« tipa 2005 | トップページ | アナログプレーヤー(BlogPet) »

2005.05.04

ミニトレッカーAW(バックパック)

普段、使用しているバックパック(近所のスーパーで、とっても安いのを購入)が、購入後一年も経たずに、破れてしまいました。デジカメなどを入れて、ファスナーを閉める際に、布を引っ張ってしまったのが原因と思いますが、今度は、もっと、丈夫なモデルにということで、ロープロ製にすることにしました。前回は値段で決めましたが、今回は、丈夫さでロープロにすることにしました。

購入したのは、ロープロのミニトレッカーAWです。黒にしようかと思いましたが、空港などで間違えやすいかもしれないので、フォレスト・グリーンにしました。

Mini Trekker AW

http://www.lowepro.com/Products/Backpacks/allWeather/Mini_Trekker_AW.aspx

ミニトレッカーAW(ハクバ)

http://www.hakubaphoto.co.jp/lowepro/product/adventurer/backpacks.html#199004

ロープロ製品は、日本では、カメラ用品を扱うハクバが輸入販売元になっています。

春の気持ちの良い日差しのなかで、新宿御苑で、写真を取った後に、西新宿のカメラ屋さんを回ってみました。ネットで購入することも考えましたが、カバンなので、実物にカメラを入れたりしながら見ないと、なかなか気に入ったものが見つかりませんでした。

ネットやカタログで見ている段階では、ノートパソコンとカメラが同梱できる、コンプトレッカーAWやステルスAWⅡなどが良いかと思いましたが、実物は、かなり大きく、気軽に使うというものではありませんでした。また、カメラバックというと、上開きのショルダータイプ(オムニ・トレッカーだとペリカンケースのインナーにもなるので、以前から興味がありました)が使いやすいかと思いましたが、カメラ自体が結構な重さになることや、単車での移動を考えて、バックパックにすることにしました。

ダイビングと旅行 ロープロ・オムニ・カメラ・バッグ

http://diving.air-nifty.com/marlene/2004/08/omni_camera_bag.html

今回購入した、ミニトレッカーには、AWの名前が付いています。なんのこっちゃ?と、思いましたが、オール・ウェザー(全天候)カバーのことのようです。600デニールなので、それなりの機能もあるかと、思いますが、背面底部から取り出してみましたが、一瞬、バイク乗車時の雨天時に使用すると良いかな?と、思いましたが、風の抜け口がないことから逆にブレーキになってしまうようにも思いました。単車に乗るときには、ウォータープルーフバッグをシートにつけたほうが安全かなと、思いました。

らっこ堂(楽天)では、13、598円のようでうが、西新宿でも、13,597円でしたので、ほとんど、変わらないですね。

http://www.rakuten.co.jp/rakkodo/428803/443808/487358/#511893

« tipa 2005 | トップページ | アナログプレーヤー(BlogPet) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/3970220

この記事へのトラックバック一覧です: ミニトレッカーAW(バックパック):

« tipa 2005 | トップページ | アナログプレーヤー(BlogPet) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ