« スターウッドホテルのアジア太平洋地域の戦略 | トップページ | リッツカールトンがシンセンへ(BlogPet) »

2005.07.27

リッツカールトンがシンセンへ

 ザ・リッツ・カールトン・ホテルは2007年に、深センに総客室数245室となるザ・リッツ・カールトン深センを開業します。
リッツ・カールトンはこれにより、中国で6軒目の展開となります。ホテルは深センコンベンション&エキシビシ
ョン・センターに隣接するほか、駅もホテル近くにあり、交通の利便性は高いところです。
 ホテル内の施設としてはレストランを4ヶ所、ホテルの5階に屋内庭園を尽くすほか、1300平米のヘルスクラブとスパを設置し、宿泊客の寛ぎについても配慮した創りを目指しています。

最初に、シンセンの駅前に行ったときは、今のような、立体交差もなく、駅だけが立派で、その周りには、まだまだ、空き地も多く、いろいろな、人がいました、今行くと、もう、ぜんぜん、違いますね。驚きます。

« スターウッドホテルのアジア太平洋地域の戦略 | トップページ | リッツカールトンがシンセンへ(BlogPet) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

大きい交通や、周りなどを設置するつもりだった。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/5165763

この記事へのトラックバック一覧です: リッツカールトンがシンセンへ:

« スターウッドホテルのアジア太平洋地域の戦略 | トップページ | リッツカールトンがシンセンへ(BlogPet) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ