« 「ザガットサーベイ」 2006年度版 | トップページ | 信近エリのblogオープン »

2005.11.25

ニコラ・ベネデッティ デビューアルバム

nicola_benedetti ニコラ・ベネデッティという名前の、バイオリニストがいるようです。公式ホームページをみると、確かに、フォトジェニック系列ですので、目の保養も兼ねてます。いま、こうでないと、CDは、なかなか、売れませんか。特に、クラッシックなんて。

アンネ・ゾフィ・ムターは、デビュー14歳でしたが、こちらは、17歳です。こちらも、ドイツ・グラムホンという名門からのCDデビューです。

ニコラ・ベネデッティ・デビューアルバム(amazonにて購入)

曲目は、今、はやりらしい、ポーランドの作曲家シマノフスキーのバイオリンコンチェルトなんか、入れています。

曲目リスト
1.ヴァイオリン協奏曲第1番op.35(シマノフスキ)
2.詩曲op.25(ショーソン)
3.ハバネラop.83(サン=サーンス)
4.タイスの瞑想曲(マスネ)
5.調べのように私を通り抜ける(ブラームス/ハイフェッツ,レイノルズ編)
6.処女のための断章(タヴナー)
7.タイスの瞑想曲(カラオケ・ヴァージョン)(マスネ)

« 「ザガットサーベイ」 2006年度版 | トップページ | 信近エリのblogオープン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/7300225

この記事へのトラックバック一覧です: ニコラ・ベネデッティ デビューアルバム:

« 「ザガットサーベイ」 2006年度版 | トップページ | 信近エリのblogオープン »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ