« デスクトップパソコン | トップページ | UltraPod »

2005.12.18

SP-350着たる!

なんやかんやと、デジカメの記事を書きながら、買い換えないで、すごしてきた。だが、デジイチを使うようになると、合掌ではなくフォーカスが遅いコンデジは、使いにくいなあ、と、思ったりもします。逆に、デジイチを使っていると、大きすぎて、機動性に劣る気がするのは、致し方ないか。それだと、いつまでたっても進歩が無いので、ここは、一気に、新しいコンパクト・デジタル・カメラを、買うことに決めました。

GR-DEGITAL

最近は、デジイチの値段が安くなっているために、デジカメの上級モデルとデジイチのエントリーモデル、値段がぶつかってしまいます。デジカメの上級モデルのビジネスモデルとしては、かなり、辛いということになるんでしょう。

powershot_s80

ということで、デジカメで、候補にあがった、広角系の、リコーのGRデジタル、キャノンのS80は、残念ながら、値段で落ちてしまった。この二つのうち、どちらかを買おうかと悩んだが、1)値段が、5万円を、超えている。2)水中ハウジングでの、キャノンはシャッターが、レバーではなくボタン式、GRデジタルは、ハウジングが無い、により、泣く泣く、候補から落としました。値段が、安くなったら、GRデジタルを買うかもしれませんが。

と、次に候補に候補に挙がったのは、値段が、もう少し、安いところ。コニカミノルタ DiMAGE X1、キャノンのIXY DIGITAL 700 、フジフィルムのFinePix F11、オリンパス SP-350 ということに、なりました。

dimage_x1 ixy_digital_700

そこで、ハウジングを見てみると、フジフィルムとオリンパスのシャッターボタンが、レバー式になっているのに、キャノンと、コニ・ミノは、ボタン式でした。

F-11

さらに、フジフィルムのFinePix F11は、実機を、ご近所の駅前のキタムラにおいてありましたので、触ってみると、コンパクトすぎて、手の大きな私には、持ちにくいことに、気が付きました。これは、致し方ないことなんですね。

SP-350

さて、このような、消去法で、SP-350になったわけですが、また、オリかよ、と、言われてしまいますね。ハウジングのポイントが、高いのは、ダイバーなので、これは、これで、意味のある選択かとも、思います。

さて、今回は、近所のキタムラでなく、通販サイトの「キタムラ」を使いました。税込み3万5000円弱(送料込み)ですので、2005年10月発売のモデルの値段では、それほど高くはないかと、思いました。5年保障つきの値段ですし、壊れたら、近所のお店を通して、というと、怒られそうですね。が、購入後に、大きな事で、悩んでしまいました、結局は、高上がりに、なったような気もします。

と、言うのも、この機種の電池が、リチウム電池パック(CR-V3)、つまり、単3乾電池2個のタイプだったことです。リチウム・イオン充電池だとばかり思っていたので、箱を開けたとたんに、充電機が無い!ということで、焦ってしまいました。おりしも、日本列島に、今年一番の寒波が襲っているわけですから、とてもではありませんが、単3電池タイプのニッケル水素充電池では、アッっと、いう間に電池切れです。そこで、こんなに寒いと、リチウム電池を使わないと実用に耐えられないです。デジイチに使用されている、リチウムイオン充電地BLM-1を、導入しないと、耐えられない気がしました。が、この機種には、3Vのリチウム電池CR-V3仕様ですが、これが、高いです。一個あたり1000円くらいします。これが、一次電池つまり、使い捨てなんです。地球環境にやさしくありません。ちょっと、遊びに使うには、無理があるなあ、と、思いました。

これだけの文章では、グチになるので、電池を買うことにしました。中国製の怪しい電池というのも、考えましたが、過大電流で、壊れることもありますし、熱がこもって爆発!なんて、よくある話です。海外の電池でも、有名なところ(バルタとか)はありますが、日本で気楽に購入できません。そこで、日本製にすることにしました。RCR-V3C

リチウム・イオン受電池で、RCR-V3C充電池です。海外でも使用可能な、マルチ充電器が付いているのは、とてもよいです。また、シガーライター・ケーブルが付いているのも、アウトドア派には、心強いです。

とりあえず、これで、電池の心配がなくなりましたが、メーカーも最初から、こちらの電池を使用していただくと、うれしいと思います。

オリンパス SP-350(メーカーサイト)

http://olympus-imaging.jp/lineup/digicamera/sp350/

ネクセル・ジャパン

http://www.nexcell.co.jp/index.html

« デスクトップパソコン | トップページ | UltraPod »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/7678169

この記事へのトラックバック一覧です: SP-350着たる!:

« デスクトップパソコン | トップページ | UltraPod »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ