« AirsCafeに行きました(BlogPet) | トップページ | YouTubeなど動画サイト観賞用FireFoxの拡張機能(BlogPet) »

2006.05.13

音楽の奥義から飛躍すると

ツィマーマンが語ったのは、CD時代に関するすることでした。そのCDに関しても、「iPodが売れるとCDが売れなくなる。」ということが、語られることが多いですが、録音に関することは、どうなのでしょうか。録音に関するというのは、アナログ録音に比べて、デジタル録音は、ノイズが少なくてクリアであるということでは、ありません。録音そのものに使われる機材で作成された、その録音される音源についてです。その音源自体には、アマチュアとプロの音源は、ポピュラー音楽系では、その差が、無くなってきているということなのです。一例を挙げると、ローランドのエディロールR9を利用すると、プロユースとまで言われた24ビットPCM録音が、簡単に作成可能なのです。そのままCDの品質として通用するというのは、過言ではありません。通常のデジタル・テープを利用した場合に、東京にあるレコーディング・スタジオを借りたと仮定すると、一時間当たり、おおよそ2万ほどの利用料金が必要になり、また。マスタリングを行うレコーディング・エンジニアの工数も一時間当たり、おおよそ1万円ぐらい掛かります。これが、何を、意味するかというと、売れるか、売れるか不明な、新人などでは、なにも、高いお金をかけて、スタジオ・レコーディングを行わなくても、それなりの質が保証されてしまうということなのです。それにより、スタジオの稼働率が下がることが、余儀なくされてしまいます。そうすると、当然ながら、レコード会社は、合理化という名目の元で、場所を必要とされる、スタジオの統合、廃止が促進され、経営の合理化ということにも、繋がります。となると、ポピュラー音楽以上に、販売が不審なジャズやクラッシックといったジャンルの録音には、さらに深刻な影響が与えることになるでしょう。

1981年4月25日、オーストラリアのザルツブルグにて、ソニーとフィリップスの共同発表されたCDの恩恵は、私たちに計り知れないものを与えてくれました。LPレコードの時代では、A面、B面として録音された音楽は、合計で、収録できる作品の時間に制限がありました。年末の恒例行事として演奏されるベートーベンの交響曲第9番、いわゆる「第9」と呼ばれている交響曲は、このLP一枚に収納することが出来なく、2枚組みとなることから、特別な曲として扱われていました。ザルツブルグでの共同会見には、当時、帝王とまで言われた、ドイツのベルリン・フィルの指揮者カラヤンが、音楽家として出席していました。それは、CD一枚に収録する時間の規範として用いられたのが、このカラヤンの第9の演奏時間ということからです。このCDの発表から25年の四半世紀が経過し、このCDに関する発表は、音楽革命の始まりと呼ばれました。音楽革命は、音楽に関して、より身近なもの、芸術としての音楽の一面よりも、生活の一部、まさに、生活家電と同じような、身近な存在へと、音楽を変えていきました。

19世紀末から20世紀初頭に活躍した作曲家のマーラーは、生前、いずれ、私の時代が訪れると、語りました。マーラーは、交響曲の作曲家として名声を得ましたが、その曲は、長大なものが、多く、1時間をこえるものが、多数を占め、1時間半を超えるものさえありました。当然ながら、そのような作品をレコード化すれば、枚数は、増えることになり、2枚組みというのが、当たり前となってしまい、販売される単価も上昇することから、レコーディングも、それほど、多くは、ありませんでした。CDによる音楽革命の始まった、1981年からの10年は、バブル時代とも、言われた時代でもありました。バブルの影響は、余暇の拡大、大型化というのに、繋がりました。まさに、マーラーが生前に語った、いずれ訪れる私の時代、それは、余暇の拡大を伴った、CDの時代、マーラーの時代、そのものだったのです。

おりしもCD時代の終焉が、ささやかれるようになって、音楽に関する形が変わってきました。CDという媒体を介在しない、フラッシュメモリとハードディスクという媒体の時代が、訪れました。そして、次に待つのは、ダウンロードの必要としない、ストリーミングの時代へと進化していくでしょう。CD時代が、もたらした、音楽を身近なもの、生活家電の一部にすることが、音楽を大量消費することが、常套手段としてしまいました。私の時代と語ったマーラーの音楽でさえも、マーラー交響曲全集(CD10枚組み)でさえ、HMVやタワーレコードにて得意して取り扱う輸入版では、5000円を切るものが現れて、もはや、大量消費するものとなってしまったのです。こういったことから、箱物政治の副産物として作られた大人数を収容するコンサートホールで行われる、大掛かりな舞台装置を必要とするオペラや交響曲、と言った長尺の音楽といったものは、衰退が始まっているのかもしれません。

ローランド エディロールR9

« AirsCafeに行きました(BlogPet) | トップページ | YouTubeなど動画サイト観賞用FireFoxの拡張機能(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

オーストラリアで余儀なくLPレコードと終焉や簡単とかを収録したの?


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/10040469

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の奥義から飛躍すると:

« AirsCafeに行きました(BlogPet) | トップページ | YouTubeなど動画サイト観賞用FireFoxの拡張機能(BlogPet) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ