« モーニング・マン | トップページ | 家庭用電話機がSkypeのハンドセットになる »

2006.09.21

YouTubeとワーナー・ブラザースからマドンナ

YouTubeが、ワーナー・ブラザースと配信契約を結んだことを発表しました。このことにより、今までは、YouTubeに投稿する際には、著作権侵害の恐れがありましたが、これが、合法的になるようです。実際には、ワーナー・ミュージックや、ここの所属アーティストの許可などが、いるようですが、YouTubeでは、「投稿(ビデオ)作品中に著作権の設定された音楽が存在することを自動的に探知する技術を開発した」ということらしいです。なんか、眉唾くさいですが、信じましょう。

あのYouTubeがついに?!--ワーナーと提携、音楽を無料・合法配信へ - CNET Japan

ワーナー・ブラザース(DVD)

ワーナー・ミュージックの所属アーティストと言えば、マドンナです。先週末に、ロシアより、来日し、大阪で2ステージを開催した後に、昨日と本日に、東京でのステージです。東京ドームでは、入場の際に、昨今の世界の各所でのテロ騒ぎがあることや、国際空港での手荷物検査を経験、もしくは、サッカーのJリーグや代表の試合の観戦の経験があるかたなら分かるとおりに、手荷物検査があります。入場する際に、一人一人にたいして、手荷物の閲覧があります。普通のコンサートの感覚で、開演ギリギリの時間に行くと、この検査で、行列になっているのは、明らかですので、できるだけ、早めに開場入りするのを進めます。マドンナのステージは、時間通りに始まることはありませんので、30分、1時間遅れでも、始まることが多いみたいです。この待っている間に、エアコンをとめてしまって、開場を文字通り、熱気に満ちさせることも、演出として行うこともあるようですが、東京ドームの中は、結構、冷えていました。東京ド-ムからアナウンスでは、望遠レンズを使った写真撮影と、動画の撮影は禁止されていました。単純に動画の撮影は禁止されていましたが、静止画の撮影は禁止されていません。よって、低倍率なコンパクト・デジカメや、携帯電話での撮影は、ほぼ無法地帯状態となっていました。動画撮影の禁止、つまり、YouTube対策だなあと、思ったりしました。

こういった大規模コンサートというよりもショーというのは、久しぶりでした。シートは、1階のバックネット裏の標準席、スタンダードのS席でした。が、ステージが遠いにも、関わらず、オープニングの「ヒューチャーズ・ラバース」から「スタンド・アップ」で一気にヒートアップ。途中には、諸外国では、バッシングの種となった十字架に貼り付けれらた形で登場した「リヴ・トゥ・テル」でしたが、その背後のスクリーンに書かれたメッセージは、エイズで、いま、どれくらいの子供が、この瞬間に死んでいっているかという、社会性のあるメッセージについては、あまり触れている記事は少ないです。周りの観客は、最近ファンになったというひとよりも、第一次黄金期からのファン(それなりのお年ということで)途中のバラードでは、皆さん、お座りになっていましたが、それ以外では、終始、ラストのダンス・パートまで、「スタント・アップ」で、最新作のメガヒット「ハング・アップ」でのフィナーレとなりました。

VIP席(数10万円のチケット)や、アリーナ席(5万からのチケット)では、音響もよかったかもしれませんが、アリーナーの中央部の上方につるされた4台の巨大スピーカーだけで、ドームの1階、2階席をカーバーするのですから、音は、ワレルワレル!って、まあ、東京国際フォーラムAも、ひどいけど、今回の比ではないですね。もう少し、スピーカーの数を増やしてくれると、立体的な音響になって良かったかと思いましたが、ドームでは、無理な注文ですね

マドンナ(ワーナーミュージック)

マドンナ・コンフェッションズ・ツアー2006

マドンナ(wikipedia)

« モーニング・マン | トップページ | 家庭用電話機がSkypeのハンドセットになる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/11985947

この記事へのトラックバック一覧です: YouTubeとワーナー・ブラザースからマドンナ:

» Bitacle Blog Search Archive - YouTubeとワーナー・ブラザースからマドンナ [bitacle.org]
[...] YouTubeが、ワーナー・ブラザースと配信契約を結んだことを発表しました。このことにより、今までは、YouTubeに投稿する際には、著作権侵害の恐れがありましたが、これが、合法的になるようです。実際には、ワーナー・ミ [...]... [続きを読む]

« モーニング・マン | トップページ | 家庭用電話機がSkypeのハンドセットになる »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ