« きょうは(BlogPet) | トップページ | その別個(BlogPet) »

2006.10.08

オリンパス・ミュー725SW

Mju725swtitaniumgreyfront_m 久しぶりに、デジカメ系のネタなのですが、気がつくと、コンパクト・デジカメ向けの水中ハウジングが、少なくなっているように感じます。2極化なのかもしれませんが、水中ハウジングでも、一眼レフ・カメラ向けの大きなものと、エントリー向けのデキカメ向けの両極端で、その間というモデルが、無い!ということが、この秋から増えていることに気がつきました。これも、売れないから!ということなのでしょうが、エントリー向けのモデルでは、レンズは、暗いし、シャッター速度は、遅し、、などと、スペックで考えるて、真ん中というのは、一番ニーズが少ないのかも知れません。

そうなって、くると水中写真は、一眼レフ!を選ぶしかないかのか?と、思いますが、これは、選ぶと、飛んでなく重量になります。値段もすごいです。やはり、エントリーモデルを選ぶしかないのでしょうか?そこで、ヨーロッパでは発売になった、このモデルです。

Pt033_m ボディカラーは、チタニウム・グレー、ディープ・ブルー、チェリー・レッドの三色

1.5mの高さからの対ショック性能(従来同様)

5mの水中防水(従来は、3m)

710万画素(従来同様)

25シーンモード(従来は、24シーンモード)

2.5型液晶(従来と、同様)

大きく違うのは、3mから、5mとなった防水性能ということです。水中ハウジングは、従来の720swと共有が可能です。クリスマスまでには、日本でも、このモデルが発売されると思われます。値段は、4万円から5万円の間と思われます。

Olympus - µ [mju] 725 SW

« きょうは(BlogPet) | トップページ | その別個(BlogPet) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

ヨーロッパでシャッター速度などをディープしなかった。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/12203649

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス・ミュー725SW:

« きょうは(BlogPet) | トップページ | その別個(BlogPet) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ