« CMでの比較広告 | トップページ | 望遠レンズを使った写真撮影と(BlogPet) »

2006.11.28

ラスト・ピアノマン

B00005q6ks01_ss500_sclzzzzzzz_v35679237_ ミスター・ピアノマン、ビリー・ジョエルの実質的なラスト・ワールド・ツアーとも言うべき東京公演が2006年11月28日東京ドームで開催されてので、聞きに行きました。

最新のオリジナル・アルバムというのは、実は、これになるのですが、とても、シックなジャケットになっています。というのも、これは、純然たるインストルメンタル・アルバムで、ソリストは、Richard Jooとなっています。演奏には、ビリージョエルは、登場しません。このアルバムは、長く聴いていても、心地よく響き、また、全体的に、ロマン派のような印象を感じるアルバムとなっています。CDは、もちろん楽譜も、手に入れられます。コタツに包まっても、CDや楽譜が手に取れる、良い時代ですね。

Amazon.co.jp: Billy Joel Fantasies and Delusions (Music for Solo Piano) 音楽 Billy Joel,Richard Joo(1355円、税込み)

Amazon.co.jp: Billy Joel - Fantasies & Delusions Music for Solo Piano, Op. 1-10 洋書 Richard Joo,Billy Joel(1700円、税込み)

また、ビリージョエルのソング楽曲、そのものの楽譜を、手にして見たいと言うこともあるかもしれません。(それは、私だけか?)日本で作成された楽譜も良いのですが、原曲をアレンジしてあったりする場合もあります。オリジナルに近いということで、原典版のような楽譜が欲しい場合には、値段の点からも、輸入版を、お勧めします

Amazon.co.jp: The Billy Joel Keyboard Book Authentic Transcriptions (Keyboard Recorded Versions S.) 洋書 Billy Joel

<収録曲>アレンタウン、そして今は、キャプテンジャック、オネスティ、素顔のままで、ムーヴィンアウト、マイライフ、ニューヨークの想い、ピアノマン、プレッシャー、イタリアンレストランで、シーズオールウェイズアウーマン、シーズゴットアウェイ、ストレンジャー、街の吟遊詩人は、の全15曲です。値段が、2,684 円税込みということですが、ファンなら、一度は、手にして欲しい懐かしの楽曲が、コードや、装飾音符と言ったところまで、「両手版」として、きちんと、再現されています。

Amazon.co.jp: Billy Joel Complete 洋書 Hal Leonard Publishing Corporation,Billy Joel

こちらは、「完全版」という歌い文句があることからも、1971年に発表された、ソロデビュー作「コールド・スプリング・ハーバー」より、1978年の「ニューヨーク52番街」までの初期作品全曲57曲が、収録されています。お値段は、少し高めで、3,398円税込み ですが、歌詞、メロディ譜、ピアノ譜、ギターコードにいたるまで、掲載されていますが、惜しむところは、「両手版」ではなく、「右手版」として、作成されていることです。

Amazon.co.jp: Billy Joel Complete Billy Joel Complete Volume 2 洋書 Hal Leonard Publishing Corporation

こちらは、完全版の続編で、59作品が、掲載されています。お値段は、同じく3,398 円税込みです。

楽譜の話が長くなりましたが、話を、ライブの話題に、戻します。1993年のアルバム『リヴァー・オヴ・ドリームズ』の発表後、ポピュラー音楽からの引退を宣言し、それ以後のオリジナルアルバムとしては、2001年に発表したインストルメンタル・アルバム『ファンタジーズ・アンド・デリューションズ』を発表した以後は、アルコール依存症や、2度にも渡る交通事故ということから、完全な引退状態となり、日本でのライブも、1998年にエルトン・ジョンとのライブ「The River Of Dreams Tour」が最後で、ソロ・ライブとしては、1995年の「The River Of Dreams Tour"」まで、さかのぼります。今回のライブは、11年ぶりのソロ・ライブということになることから、これは、「聞き逃せないライブ」ということで、出かけました。引退の件については、数日前のCX系列の朝のワイドショーの独占インタヴューにおいて、来年も活動を匂わす様な微妙な発言をしています。 今後も、見守りたいですが、続けて欲しいですね。

今回の日本公演は、「In Concert」という名で、東京公演 11/28(火) 東京ドーム 午後7時開演、11/30(木) 東京ドーム 午後7時開演、札幌公演 12/3(日) 札幌ドーム 午後6時開演、大阪公演 12/6(水) 京セラドーム大阪 午後7時開演、福岡公演 12/9(土) 福岡Yahoo! JAPANドーム 午後6時開演、名古屋公演 12/12(火) ナゴヤドーム 午後7時開演 と7公演が予定されています。

会場入りして気が付いたのは、周りの客層の年齢が、高いなあと、言うことでした。同じ東京ドームで開催された、マドンナのライブでは、最近にファンになったという10代から、50代に、至るまで、満遍なく客層が広がっていましたが、こちらは、40代以後の年齢層が、圧倒的に多かったです。ライブは、ほぼ定刻の19時すぎ、オープニングは「Prelude/Angry Young Man」から始まりました。ここでは、打楽器化したピアノの連打からライブがスターとなりました。途中MCを入れますが、しっかりと、ショートバージョンなしの全曲が演奏されたので、うれしい限りです。「Honesty」なんて、日本人が好きな曲を、最初に、持ってきてくれています。ストリートライフ・セレナーデなんて、アルバムを知ってる?反応が無いことから、やっぱり、それくらい、売れなっかアルバムだね。というようなニュアンスを言っていました。「Zanzibar」のフリューゲルのソロを生だああ・うううっ。感動ひとしお。「NY State of Mind」の、歌声と、サックスの音色を聞きながら、極楽、極楽。。それから、この曲、演奏するのは、20年ぶりかな?と、言って、演奏したのが、ジャパニーズ・ライブ・スペシャル「The Stranger」。口笛は、吹き替えだったけれども、そんなの、もうどうでも良いくらい。なんか、ベスト・アルバム状態だなあ。と、思っていたら、連続して、「Just The Way You Are」、もう、どうにも感動ひとしおなライブは、進んでいきます。「An Innocent Man 」では、ピアノを離れて、スタンディングで、歌っています。「She's Always a Woman」では、私の周りの人たちは、お疲れなのでしょうか、ちょっと、休憩をかねて、みんな、椅子に座って、その歌声を、聴きながら、夢心地。そんなのを、吹き飛ばすかのように、「I Go To Extremes 」では、会場は、All standingで、最後には、足弾き、ケツ弾きなんでも、ありの、ノリノリだあ。そんなノリノリの中で、長年、ツアーをともにしていた音響担当(通称:ローディー)に、チヤンスを与えてやって欲しい。この曲は宗教的な曲だから、といって、ピアノをギターを持ち代えて、始まったのが、AC/DCの「Highway To Hell」という、サブライズを迎えます。「We Didn't Start The Fire」から、ラストの「You May Be Right」までは、会場の雰囲気は、ヒートアップで、エンディングを迎えました。アンコール1は、「Scenes from an Italian Restaurant」でしたが、それだけで、満足するわけには、行かないので、アンコールの声が止みません。「お約束」が、まだだからです。アンコール2は、「さくら、さくら」のイントロを繰り出しますが、そこから「Piano Man」に、エントリーします。最後は、ドームいっぱいでの「大合唱」となり大団円となりました。

これが、2006年11月28日のライブでのセット・リストになります。

キーボディストのDavid RosensalのWebサイトには、今回の2006年Billy Joel 2006 World Tourの全コンサートのセット・リストが、公開されています。8月までの分で集計した演奏回数を、記載していますが、「Honesty」と「The Stranger」の回数の少なさから、日本独自のセット・リストであることが、データから、うかがい知れます。

SONGS 曲名 Album アルバム 発表年 演奏回数
01 Prelude/Angry Young Man 怒れる若者 TURNSTILES ニューヨーク物語 1976 44
02 My Life マイライフ 52nd STREET ニューヨーク52番街 1978 45
03 Miami 2017 マイアミ2017 TURNSTILES ニューヨーク物語 1976 23
04 Honesty オネスティ 52nd STREET ニューヨーク52番街 1978 9
05 The Entertainer ジ・エンターテイナー STREETLIFE SERENADE ストリートライフ・セレナーデ 1974 37
06 Zanzibar ザンジバル 52nd STREET ニューヨーク52番街 1978 46
09 NY State of Mind ニューヨークの想い TURNSTILES ニューヨーク物語 1976 43
10 Allentown アレンタウン THE NYLON CURTAIN ナイロン・カーテン 1982 48
11 Don't Ask Me Why ドントアスクミーホワイ GLASS HOUSES グラス・ハウス 1980 25
12 The Stranger ストレンジャー THE STRANGER ストレンジャー 1977 0
13 An Innocent Man イノセントマン AN INNOCENT MAN イノセントマン 1983 30
14 Keepin' The Faith キーピンザフェイス AN INNOCENT MAN イノセントマン 1983 46
15 She's Always a Woman シーズオールウェイズウーマン THE STRANGER ストレンジャー 1977 43
16 I Go To Extremes 愛はエクストリーム RIVER OF DREAMS ストーム・フロント 1999 30
17 River of Dreams リバーオブドリームス RIVER OF DREAMS リヴァー・オブ・ドリームス 1993 48
18 Highway to Hell 地獄のハイウェイ Highway to Hell 地獄のハイウェイ/ACDC 1979 37
19 We Didn't Start The Fire ハートにファイア STORM FRONT ストーム・フロント 1989 48
20 Big Shot ビッグショット 52nd STREET ニューヨーク52番街 1978 39
21 It's Still Rock 'n' Roll ロックンロールが最高さ GLASS HOUSES グラス・ハウス 1980 47
22 You May Be Right ガラスのニューヨーク GLASS HOUSES グラス・ハウス 1980 48
Encores1 Scenes from an Italian Restaurant イタリアンレストランにて THE STRANGER ストレンジャー 1977 48
Encores2 Piano Man ピアノマン Piano Man ピアノマン 1973 48

公式サイト(英語版)

Sony Musicサイト

ウドー音楽事務所

52丁目(日本語ファンサイト)

ビリー・ジョエル - Wikipedia

David Rosensalの公式サイト

ビリー・ジョエルの完全無検閲ドキュメント (2001年ペンシルバニア大学)

« CMでの比較広告 | トップページ | 望遠レンズを使った写真撮影と(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

DomingoChavezが京セラと極楽まで宗教は開演したよ♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/12860945

この記事へのトラックバック一覧です: ラスト・ピアノマン:

« CMでの比較広告 | トップページ | 望遠レンズを使った写真撮影と(BlogPet) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ