« きょう民主党で(BlogPet) | トップページ | スティーブの提案を、ビルは断った »

2007.02.12

グラミー賞の発表

なんか、とっても、政治的?今年のグラミー賞!カントリー系が、強いので、今年は、いまいち、分かりにくいです。

主要3部門はディクシー・チックス
 ●〈最優秀レコード〉
 ●〈最優秀アルバム〉
 ●〈最優秀ソング〉
さらに
 ●〈最優秀カントリー・パフォーマンス・バイ・ア・グループ〉
 ●〈最優秀カントリー・アルバム〉
まで。テキサス出身で、バッシングに合ったのは、いつの話でしょうか?

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
 ●〈最優秀ロック・パフォーマンス・グループ〉
 ●〈最優秀ロック・ソング〉
 ●〈最優秀ロック・アルバム〉
 ●〈最優秀限定盤パッケージ〉

事前の評価が高かった、メアリーJ・ブライジは
 ●〈最優秀R&Bソング〉
 ●〈最優秀女性R&Bヴォーカル・パフォーマンス〉
 ●〈最優秀R&Bアルバム〉

〈最優秀新人〉には、アメリカン・アイドル
 ●カントリー歌手のキャリー・アンダーウッド

その他は

 ●〈最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス〉クリスティーナ・アギレラ“Ain't No Other Man”
 ●〈最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス〉ジョン・メイヤー“Waiting On The World To Change”
 ●〈最優秀ポップ・パフォーマンス・グループ〉ブラック・アイド・ピーズ“My Humps”
 ●〈最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム〉ジョン・メイヤー『Continuum』
 ●〈最優秀ソロ・ロック・ヴォーカル・パフォーマンス〉ボブ・ディラン“Someday Baby”
 ●〈最優秀ハード・ロック・パフォーマンス〉ウルフマザー“Woman”
 ●〈最優秀メタル・パフォーマンス〉スレイヤー“Eyes Of The Insane”
 ●〈最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム〉ナールズ・バークレー『St. Elsewhere』
 ●〈最優秀男性R&Bヴォーカル・パフォーマンス〉ジョン・レジェンド“Heaven”
 ●〈最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム〉ビヨンセ『B'Day』
 ●〈最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス〉T.I.“What You Know”
 ●〈最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ〉カミリオネア feat. クレイジー・ボーン“Ridin”
 ●〈最優秀ラップ・ソング〉リュダクリス feat. ファレル“Money Maker”
 ●〈最優秀ラップ・アルバム〉リュダクリス『Release Therapy』
 ●〈最優秀レゲエ・アルバム〉ジギー・マーリー『Love Is My Religion』

« きょう民主党で(BlogPet) | トップページ | スティーブの提案を、ビルは断った »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/13887853

この記事へのトラックバック一覧です: グラミー賞の発表:

» ウルフマザー [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00726 ウルフマザーのデビューアルバム『狼牙生誕!』 「はて?今は1900何年代でしたっけ?」 と思わず言いそうになる大物ルーキーが、昨年オーストラリアからデビューしました。 個人的には以前ブログ仲間の方から推薦されてようやく聴く事が出来た....... [続きを読む]

« きょう民主党で(BlogPet) | トップページ | スティーブの提案を、ビルは断った »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ