« フォーカス・スクリーンを代えました | トップページ | ライブ・アース »

2007.04.08

ダイヤモンドは永遠に。。。映画「ブラッド・ダイヤモンド」のもう一つのレビュー

「ダイヤモンドは永遠に」(Diamonds Are Forever )と言えば、ショーン・コネリーの正規版の最後のジェームス・ボンドの主演作の題名です。もともと、この題名の元にあったのは、世界的に有名なダイヤモンドの「もと締め」会社でもある資源メジャーでもあるデ・ビアス・グループ(De Beers Group)のマーケティングでもある世界的なプロモーション、『A Diamond is Forever(ダイヤモンドは永遠の輝き)』によるものです。分かっているけれども、「給料の3か月分」とか、「理想的な永遠の形」などなど、イメージ戦略が、成功した例です。

土曜日から全国公開が始まったレオナルド・デカプリオ主演の「ブラッド・ダイヤモンド」ですが、映画のレビューは、別のところで書きましたので、関連の事柄から発展していきます。このデ・ビアス社、とは違いますが、この作品の中では、世界的に有名な架空の企業名が、出てきます。映画の舞台となっているのは、シェラ・レオーネ共和国ですが、詳しいことは知りません。でも、アメリカの有名な映画スターのブラット・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの新婚旅行(別れたとか、おいておいて)が、国連難民高等弁務官(UNHCR)の親善大使ということでも知られるアンジェリナー・ジョリーは、以前に、シエラ・レオネ、タンザニア、パキスタン、カンボジア、エクアドルなどを、訪れた本を書いていますから、そういった繋がりなのかもしれません。この超の着くセレブな二人の新婚旅行なので、パパラッチも沢山居たそうです。ラブラブな映像を取ろうとしたのに、なぜか、写るのは、貧困、飢餓、紛争、などが、目立つ映像ばかり。それでも、パパラッチに、彼らは取材料として数億円を請求して、難なく手に入れたそうです。そして、そのお金は、そのまま、シエラ・レオーネの貧民救済NGOに寄付したのだそうです。セレブという人たちの寄付の仕方のカッコ良さ、そして、パパラッチを旨く利用したタレントとしてのイメージ戦略と同時に、シエラ・レオーネの現状を見せる姿としては、セレブの本領発揮といわざるを得ません。

日本でセレブというと、TVで、騒がれている人たちですが、意味合いの違うセレブです。チャリティとか、社会貢献とか、無縁の人たちです。持ち上げるだけ持ち上げますが、それは、話題としてだけで、それは、糾弾するときの為に、取っておくためです。世の中の役に立つことをしても、TVでは、セレブらしくないので、商品価値が下がりますすよね。違うセレブなんです。

今の日本で、募金とか、どんな時にするかというと、考えると、赤い羽根をつけた人がいるとき、黄色いTシャツを着ている人がいるとき。というのが、現在の日本での現状で、身近な事でしょうか。昨年、白いリスト・バンドが流行しましたが、ファッション・アイテムとしてだけで、実際どうなったか、不明です。

一定の寺に属し、寺院の経営や活動を支えたり、金品を寄進している家のことを、檀家(だんか)と言うようです。梵語(サンスクリット)の「ダーナパティ」という言葉の漢訳音写語の「檀越」から生まれたもので、元の意味は布施をする人(施主)のことであり、諸僧に衣食など布施する信者をさしたそうです。結婚すると、女性は、男性を、「旦那」と、呼ぶことがあります。一家の長、家族の長であるからなのですが、この言葉の語源には、これは、家族を代表してお布施という募金をする人。つまり、ダーナーをする人ということで「旦那」と呼ばれるようになったそうです。 回教徒では、お金持ちは、目下の者に施すことが良しとされています。 かつての日本のように、行き過ぎた宗教原理主義にあるような、宗教が全てよい事ばかりとは限りませんが、宗教という「媒体」を失い、「経済力」ばかりで突き進んできたなかで、チャリティという形での社会貢献や募金など施すことなどの大切さを、どういったところで、根づいていくのでしょうか。第2次大戦での日本の敗北に有るもの原因に、宗教として天皇を祭り上げるという考え方がありました。そのため、戦後の日本の教育では、私学を除いて、宗教というものが教育の中から消えてしまったために、寄付というものが、とても、縁遠いものになりました。

法律の整備を待って行動するという人もあります。でも、法律の整備を待っていたら、いつまで経っても始まらないことが、多いです。専門家に任せて、実業に専念するという考えもあります。餅は、餅屋という考えなのでしょうか。専門以外のことを、叫ぶことに、違和感がある人が多いのでしょう。海外で、セレブと言われる人たちが、その知名度を利用しての売名行為とも取れる行動ですが、どこにどれだけ寄付したか以上に、自分自身の責任で行動していることが、多いです。自らの情報発信力を活用して、世の中を良くしていこうという動きです。

日本リーバのCMでも有名な女優のジェニファー・コネリー。映画「ブラッド・ダイヤモンド」のヒロインのフォト・グラファー役でもあります。そんな彼女のプロフィールにあるのが、アムネスティ・インターナショナルUSAの人権教育大使です。

善意やボランティアとは、人の心に訴える物になります。だからこそ、善意を呼びかける側が、他人を不快にさせてはいけないと、ありました。呼びかける相手の気持ちを思いやれない者が、どうしてボランティアに理解を求める事が、できるかということでしょうね。 敵を作っては意味がないことでもありますし、目的のために手法を誤ってはいけないと最近、痛感しました。失敗談からですね。

とまあ、政治や、宗教などの問題を書いたりするよりも、それ以外のことを書いたほうが、お気楽で、ウケがよいことには、違いないです。

Amnesty International-wfsection-アムネスティ 映画コレクション

Amazon.co.jp: Blood Diamonds 洋書 Greg Campbell(映画の原作)

Amazon.co.jp: アンジェリーナ・ジョリー 思いは国境を越えて

« フォーカス・スクリーンを代えました | トップページ | ライブ・アース »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/14606252

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドは永遠に。。。映画「ブラッド・ダイヤモンド」のもう一つのレビュー:

» アンジェリーナ・ジョリー 思いは国境を越えて [わたしの読書日記]
アンジェリーナ・ジョリー 思いは国境を越えてアンジェリーナ・ジョリー (著)アンジェリーナ・ジョリー 思いは国境を越えては、ハリウッド女優として大活躍中のアンジェリーナ・ジョリーが、シエラレオネ、パキスタン、カンボジア、エクアドルなど。貧しい世界の難... [続きを読む]

» 寄付の仕方/寄付の仕方 [お悩み解消ネット]
寄付の仕方について悩みを解決するには、まずは寄付の仕方についての正しい知識が必要です。そこで、寄付の仕方についての情報を集めました! 寄付の仕方について調べて、寄付の仕方に関する悩みを解消しましょう! 以下のサイトが役立つでしょう。 寄付の仕方 ...... [続きを読む]

« フォーカス・スクリーンを代えました | トップページ | ライブ・アース »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ