« DRMフリーは、海外では、OK!? | トップページ | ビルは、すぐに、真似をした »

2007.04.04

セカンド・ワイフではなく

Secondlifepostcard_1 なにお、いまさら、と、言われそうだが、セカンドライフ。やっては、いますが、分からないことばかり。これは、マジに、ガイドが、いるよね。たいしたことが、できるわけではありませんが、どうしたものでしょうか。

ここで、大事なのは、苗字でしょうね。なにせ、セカンドライフ、第2の人生とまで言う名前なのですから、この苗字を、何を選ぶかで、かなりの時間が掛かります。もちろん、今の自分の苗字と同じものがあったら、即、ファーストネームは、同じものを!メールアドレス変えても、同じ名前は、二度と取れませんからね。

簡単に、見つけられた!?ブックオフ・セカンドライフ店!

« DRMフリーは、海外では、OK!? | トップページ | ビルは、すぐに、真似をした »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

初心者向けの本なら『セカンドライフの歩き方』(三淵啓自/著・アスキー/刊)という本があります。
だんなが前に編集していました。この本が終わったので少し前まで帰宅が早かった。

あら!そうなんですか!知りませんでした。ビックリ
って、ことは、はるぴよんさんも、詳しそうですね。

私は詳しくないですよ〜。
「セカンド・ライフ」って聞いたとき、第2の人生、お年寄りの本?、でも、扱うジャンルとして妙ね、と思い、その次にロハスの本?と思ったくらいです。
「セカンド・ワイフ」って、一文字違うだけなのに。
男性向きの雑誌?なんてね。失礼しました。

話は全然違いますが、「ポゴレリチ・オフ会」サイトとリンクしていないのですか?

一文字違うと、全然、意味が違いますよね。

セカンドライフ、月に100万人が、増加中とのことですね。

日本語版もスタートとのこと。
http://www.meltingdots.net/
または
http://www.emagine.jp/registration/register.php

ここは、ポゴネタを書くのを止めたので、リンクしてないです。ポゴネタのサイトは、近く、引っ越す予定です。アドレスが、変わるかも?と、思いますが、これまた、予定は、未定です。

また増刷になりました。4刷です。
ボーナスに反映しないかなと思っています。
出版は結構厳しいです。特に雑誌は。

4月10日の初版を手に入れました。そこまで、紹介されて、買わないのは、人道に反する(って、大げさか?)
あらら。4刷ですか!、ボーナスに反映するのは、冬では!?でも、今は、入門版が、この本くらいでしょうし。
ぽんずさんあたりが、遊びそうですね。紹介のメッセージを、出しときますね。

どうもありがとうございます。
ぽんずさんからお仲間というメールをいただきました。
セカンドライフの勘違い、私だけではなかったようです。
ダンナが『こち亀』読みました。面白かったそうです。
めちゃくちゃ感がいいのだろうと思います。

本を、買ったまでは、良いのですが、遊ぶヒマが、ありません。進歩しないなあ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/14554189

この記事へのトラックバック一覧です: セカンド・ワイフではなく:

» 初心者も簡単 セカンドライフ登録方法 [セカンドライフの秘密]
今、雑誌やテレビなどでもセカンドライフが注目を集めています。 日本語版もまもなく始まります。まだ日本で本格的に始まっていないうちに登録して、先行者利益を得よう・・・と思う人もいるでしょう。とにかく新しいものが好きという人もいるでしょうね。でも、その登...... [続きを読む]

« DRMフリーは、海外では、OK!? | トップページ | ビルは、すぐに、真似をした »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ