« ■場所:東京都アフターイベント広場(BlogPet) | トップページ | ウルトラ・ズームですね。 »

2007.05.12

なんじゃこりゃー(松田優作ふうに)

P5120012 天気も良く、風邪も良くなり、昨日ほどの風も吹いていないので、代々木公園に、タイフェスティバルに出かけた。このフェスティバルに関しては、このblogで何度も、取り上げてますが、会場に着いたとたん。。人、大杉連!

このフェスティバルの良いところは、そこそこの人がいること、なのですが、こんなに人がいたのか?と、思うくらい。とりあえず、完熟マンゴー頂きました。通信販売あります。気に入った方は、こちら

極めつけは、この写真ですよね。日本向けのカートンに入って販売していました。4月上旬の「ソンクラーン祭り」では、いかにも、ハンドキャリーのような、ハンドキャリーとちがうような、販売もしていたこともありましたが、日本向けの最高の品だと、それなりのお値段です。

« ■場所:東京都アフターイベント広場(BlogPet) | トップページ | ウルトラ・ズームですね。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

復調されて何よりです。
本当にはしかは流行っているようですね。
大学が休講になっています。
完熟マンゴーは美味しいですよね。
植物公園の温室でマンゴーの木を見たことがあります。
ちょうど木になっているのを見ました。
たくさんまとまって実がついていて驚きました。
写真は何ですか? 全然わかりません。食べられるのですか?

JohnClark さんが風邪だったことは分かっています。
私の書き方ではまるではしかにかかったようですよね。
失礼しました。

こんばんわ。

正解は、ランブータンです。

GOOGLEのイメージ検索
http://images.google.co.jp/images?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=ACRA,ACRA:2006-41,ACRA:ja&q=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3&oe=UTF-8&um=1&sa=N&tab=wi

むいた絵を見ると白くて何かライチみたいですね。

はい、とても、良く似ています。中に大きなタネが入っていますが、こちらは、黄色いときもあります。味は、仰るとおり、ライチに似ていますね。また、竜眼(ロンガン、リュウガン、英語名Longan、タイ名ラムヤイ)とよばれるフルーツにも、これらの仲間で、似ています。

東京では、数年前までは、ソンクラーン祭り(水掛祭り、お釈迦様の誕生祭り)が、開催されていたのですが、会場難から、開催されていません。ソンクラーン祭りがあると、このランブータンを、購入に行っていたのですが、最近は、さびしい限りです。

ライチも、最近では冷凍モノがあるために、季節感がありませんが、今頃が旬です。最近になって(でも、10年位前から)、香港から、広東へのライチ狩なんてバス・ツアーも出来るようになったそうです。

こんばんは。
体調がなんとか良くなられたみたいで良かったです。結構長引きませんでしたか?予後もお大事になさって下さい。
タイフェスティバル。どうも馴染みがあると思ったら、とある猫ブログの方が毎年美味しそうな写真をアップしていて、それで覚えていたのでした。
>ライチ狩なんてバス・ツアー
 あ、お腹空いた(涙)

ライチは美味しいので好きです。
今日、従妹と神代植物公園へ行きました。
行ってそうそう雷雨に見舞われ、温室で雨宿り・・・でマンゴーだと思っていた木はパパイヤでした。
結局ずっと雷雨で、バラの写真を撮るつもりが、ほとんど撮ることができませんでした。
雹が降ったそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/15044226

この記事へのトラックバック一覧です: なんじゃこりゃー(松田優作ふうに):

« ■場所:東京都アフターイベント広場(BlogPet) | トップページ | ウルトラ・ズームですね。 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ