« 知ること、それが始まり | トップページ | オリンパスのE-3のネタ(信憑性に疑問ですが) »

2007.08.21

キャノンEOSの新型「30D」

Photo キャノンの中級機でもあるEOS 30Dの新型が発表された。発売は、今月の31日からとなり、発表から発売までが2週間という、タイミングの良さ、そして、秋の運動会シーズン、冬のクリスマス商戦を睨んだ、商魂逞しい、キャノンらしいと、思った。ここで、今後発表されるであろう、ニコンのD300(予想)などと、比べてみよう。デジタルなので、機能面での「ウンヌン」が多いですが、実際の描写、使った感触、重さなどは、ご自身で、判断されるに、違いありませんね。写真は、イメージキャラクタ、ケン・ワタネベさん(俳優の渡辺 謙さん)です。

●キヤノン「EOS 40D」のおもな強化ポイント
・新開発となる有効1010万画素のCMOSセンサー
・画像処理エンジンに最新のDIGIC IIIを採用
・秒間6.5コマの高速連写機能、約75枚の連続撮影
・全点クロスタイプの9点AF
・倍率0.95倍の新設計ファインダー
・撮像素子のゴミ取り機構「EOS Integrated Cleaning System」
・大きく精細な3型液晶モニター
・オートフォーカスも可能なライブビュー撮影機能
・ワイヤレスLANや有線LAN接続に対応したオプションを用意

まずは、1000万画素のCMOSです。ニコンはソニー製なので、先日発表になった1200万画素のCMOSを持ってくるでしょうね。画素数は、1000万画素、実際には、500万画素を超えたら、「ドンダケ~」なので、あまり、気になりません。

画像処理エンジンが、新型。これは、新しければ、新しいほど、処理スピードが速いものなのですが、昔から、キャノンは、画像処理エンジンのスピードには、定評があります。あとは、その処理後の画像解析が、「好み」か、「好まざる」か、という、問題です。

秒間6.5コマ、バッファ JPEG75枚/RAW17枚と、なるようです。これは、データ処理能力なので、運動会仕様には、必須な機能です。ニコンは、噂だと、秒間8コマと、とあります。連射で、「下手な鉄砲、数、打てば、当たる」 ですね。映像処理エンジンの能力とともに、データ処理能力の、なせる業。私のは、これらに比べると、秒間3コマを使っていますが、所謂、火縄銃と、言われそうです。。。

クロスAF9点、そんなに使って、いるのか?と、思うのですが、これは、静止画ではなく、連射モードの際に、どこかに(明後日の方角)にピントの合うために、必須なんだそうです。連射が、大して意味が無い、私には、重要なのか?と、思う。単なる、負け惜しみか?

倍率0.95倍の新設計ファインダーですが、もともと、APS-Cのサイズのイメージセンサーだから、フィルム版とは言わなくても、大きなファインダーなので、実用的なのでしょう。これは、ニコンにも言えることですね。

撮像素子のゴミ取り機構が、新型になったようです。以前のキャノンのものは、「おまけ」とは、言わないまでも、それなりの評判でした。この機能だけが取り得、とまで言われる、オリンパスに対する、キャノンの面目躍如、どこまで、この「ゴミ取り」の機能改善が、行われたか。ですね。

3インチ液晶モニターです。先に発表されたIXIデジタル、PowerShotが、3インチ液晶を搭載しているので、一眼が、2.5インチとは、行かないですからね。

ライブビュー撮影機能。上位機種のプロ向けモデル「EOS-1D MarkIII」で搭載されたものを、中位機種に搭載のようです。オリンパスが、下位機種(オリンパスのE410とE510ライブビューは、使いづらいです。オリンパスの前モデルのE330のほうが、使いやすいです)から攻めているのとは、反対に上位機種からで、アドバンテージとして、商品価値ということでしょう。こちらは、使い勝手を含めて、触らないと、よく分かりません。

ワイヤレスLANや有線LAN接続に対応したオプションを用意だそうです。いるのか?どうせなら、ブルートゥースを内蔵して欲しかった。そのほうが、便利だよね。違うか・・

これから、ニコン、オリンパスと、年末にかけて、新型が続くのですが、キャノンは旨くまとめるなあ、と、いつも思います。でも、765グラムは、重過ぎないかい?女性でなくても、重いと感じます。こういった製品の仕様を書いても結局は、代わり映えしないなあ。と、感じます。劇的な変化(フィルム=>デジタルのような)が、あるわけでもなく、価格が定価ベースで、18万円が、15万円となったのが、良い点です。コストが下がって、それなりの性能が上がり、後は、故障が少ないというのが、大事な点ですね。

それと、今までは、新しい機種が出ると買い換える、というのが、デジタルカメラでしたが、そろそろフィルム時代のカメラのよう、長い間、使うことが出来るようになっていると思います。そうすると、カメラ自体の作り(質感)など、仕様に現れないものが、大事になると思います。と、いうことは、新機種ではなく、中古カメラ店で、購入するのが、良いかなあと、思ったり。現行機種の在庫が、量販店でどれくらい残っているのでしょうか。そういったものを、購入するのも、良いかもしれません。つまり、初心者向けと言われる、デジカメの一番安いモデルが、本当の意味で大事なんだろうな。と、思います。

« 知ること、それが始まり | トップページ | オリンパスのE-3のネタ(信憑性に疑問ですが) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/16188740

この記事へのトラックバック一覧です: キャノンEOSの新型「30D」:

« 知ること、それが始まり | トップページ | オリンパスのE-3のネタ(信憑性に疑問ですが) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ