« M2(Bose Computer MusicMonitor | トップページ | 秋のグルメツアー »

2007.10.18

Googleカレンダー

Googleのカレンダー機能を使って、スケジュール管理を、行っている。スケジュールと言えば、聞こえが良いが、要するに、予定表だ。最近、よく忘れることが多いので、使ってみている。

とにかく、簡単で、なおかつ、便利なこと。紙の手帳を、使っていたこともあったが、手帳を忘れると何の役にも立たない。ということで、ネット上の無料で使えるオンライン版を利用している。

1)携帯からもみれる。

案外、知らない人が多いが、Googleカレンダーは、携帯からWEBで見ることができる。これで、お出かけした時にも、WEBで確認できる。

2)Outlookと同期がとれる

Googleカレンダーを、パソコンのソフト、Outlookとシンクロができる。シンクロの設定を、15分ごと、1時間ごと、パソコンを起動後と、設定できる。これで、会社で、更新した内容も、パソコンのソフトで、確認できる。え、ネットにつなげば、OK?それも、そうですね。

3)PDAと同期がとれる

Outlookと、PDAとは、シンクロが簡単に取れます。PDAは、Bluetoothインターフェースを持っているので、これも、ケーブルとかつながなくても、らくらく、同期がとれます。PDAは、電波が届かない地下鉄のエリアなどで、確認ができます。

本当は、携帯の内臓しているカレンダーソフトと同期がとれるとよいのですが、携帯のカレンダーは、40文字までなど、制限が多くて、スケジュールの役に立ちませんので、PDA(実はノキア携帯ですけど)を、利用しています。

WEBのGoogleカレンダーと、Outlookとの同機は、コンパニオンリンクというソフトを使っています。シェアウェアで、3700円くらいです。これは、US30ドルなので、おおよそになります。使い方は、いたって簡単です。え、これだけ?というくらい、なので、あっけないくらいです。日本語に、完全対応していますので、英語が不得意な方でも、安心です。

CompanionLink for Google Calendar

« M2(Bose Computer MusicMonitor | トップページ | 秋のグルメツアー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

グーグルカレンダーだけでなく他にも色々ですが、「これダウンして使ってみませんか~?」とよく訊かれるのですが、まだ使ってないのです。
昔これが出たとき、予定を公開にしてしまい仕事のアポイントが世界規模で漏れてしまった会社員の話を漏れ聞いた衝撃がトラウマとなっているのでしょうか。
もっとも私の忘れちゃいけない主な予定は通院ですが(笑)

Googleカレンダー自体は、ダウンロードの必要もなく、Googleのアカウントさえあれば、利用可能です。
複数のカレンダー間での同期をどれだけ便利にするか、という部分ですね。手帳を自宅に忘れても、スケジュールを、どこでも、気楽に確認したいということです。

>もっとも私の忘れちゃいけない主な予定は通院ですが
カレンダーを公開して、「通院」の日だよって、メールしてもらうとか。。カレンダーに登録して、アラームに携帯メール!というのも、ありかと、思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« M2(Bose Computer MusicMonitor | トップページ | 秋のグルメツアー »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ