« 川平三兄弟 | トップページ | 大連行きNH903 »

2007.12.09

とほほ2

トホホネタは、ウケが、良いようです。

昨日と本日、休日出勤です。

が、昨日、自宅を出ようとすると、定期券が無い!

慌てました。探しました。が、出てこない。たぶん、一昨日、残業で、終電で帰ってきたので、そのときに、改札を出たので、そこで、無くしたのだと、思います。疲れていたので、覚えていませんでした。。

この定期券は、PASMOという、「電子マネー付の定期券」です。改札を通る際に、残高が少なくなると、自動的に一定の金額が、鉄道会社が仲介をしているクレジットカードよりチャージされます。また、駅構内のチャージ機などでも、電子マネーがチャージできます。電子マネーは、JR東日本のSUICA対応駅、関東の私鉄、バスに至るまで、利用できます。ついでに、最近では、駅中のショップに、とどまらず、駅の外のコンビニでも、使えます。店員さんの迷惑を考えなければ、、チャージを繰り返しながら、支払えば、ヨドバシカメラや、ビッギカメラで、大型薄型TVも購入可能です。

で、まずは、PASMOにリンクしているクレジットカードの裏面に記載している、鉄道会社のお客様相談室に電話すると。

1)電話での盗難、紛失の受付は行っていない(マジかああ)

2)最寄り駅にて、定期の紛失届けを発行すること

3)再発行は翌日で、手数料が必要

4)届出以降は、紛失した定期券は無効にできる

5)警察への連絡は必要

6)PASMOにリンクしているクレジットカードについては、紛失している訳ではないので、クレジット会社への連絡は不要

と、ありました。肝心の電子マネーのクレジットカードからチャージについては、

クレジットカード会社が絡むのでわからない!

と、ありました。駅へ行き、紛失届出を提出する。同様の質問をしても、

紛失があってから、届出があるまでの間の不正使用

については、クレジットカード会社が絡むのでわからないとのこと

保険請求時には、警察への届出が、必要になるために、駅の近くの交番で、定期を無くしたこと、クレジット機能の付いた電子マネーであること、電子マネーの残高などの情報と共に、紛失届出を、提出した。交番では、ベテランのおまわりさんに説明するより、若いおまわりさんに担当してもらった。意味がわからないと、言われそうだったからだ。

本日、定期券を再発行するために、定期券発行可能な駅で、定期券の再発行を行った。

定期券売り場の窓口のお姉さんは、再発行手数料を払うと、

いまから、安心して定期券を、ご利用できますよ!

と、笑顔で、答えてくれた。そこで、

昨日と同様に、定期券売り場の窓口のお姉さんには、同様の質問をした。

昨日の紛失届出を提出するまでの不正利用が心配で、安心できないから。

クレジッドカードを盗難・紛失した場合には、紛失時点からが、保険の審査の対象です。

クレジットカードは、サインや、暗証番号などで、きっちりしていますが、昨日と同様に、鉄道会社が仲介として発行したクレジットカードから、不正に(本人以外により)、オートチャージされる電子マネーは、保険の対象になるかは、窓口のおねさんは、答えられなかった。

なんだかなあ。

クレジットカード会社、そのものの盗難紛失センターに電話すると、クレジットカードそのものの紛失ではないために、答えられない。保険部門に、電話するようにと、あった。

クレジットカード会社の保険部門に電話すると。

PASMOを紛失した場合の、クレジットカードからのオートチャージに関しては、鉄道会社が仲介するために、答えられない

という回答だった。鉄道会社に、内容を確認するの氏名を連絡先を、鉄道会社に伝えても良いか?と、もあったので、埒が明かないので、伝えても、かまわないと、した。

しばらくして、鉄道会社から電話で連絡があった。クレジットカード会社の保険部門への連絡したことについてと、あった。つまり、クレジットカード会社は、鉄道会社に、丸投げしたようだ。

そこで、鉄道会社のPASMOの担当者に、再度、最初から説明した!

(大会社は、どこも、お役所仕事やねえ)

対する、相手の要旨は、

PASMOのオートチャージは、個人認証を行わない便利なシステムです。

とまあ、メリットの説明のようなことを、回りくどいことを、言っていたが、説明を、まとめて(要するに、荒っぽい言い方)で、

盗難(スリ)や紛失などで、オートチャージつきの定期券を無くした場合、鉄道会社への紛失届出を行うまでに、他人にオートチャージを不正利用された部分は、利用者の自己責任か?

そうです。ただし、不正利用に対して、保険が適用されるか、否かは、私どもの鉄道会社の範疇ではなく、クレジット会社の範疇です。また、鉄道会社としては、保険が適用されるかは、答えられない!

とのことだった。冷静に、みれば、分野が違うとおもうが、PASMOの発行している担当会社の担当の説明とは、思えない。。

再度、同様に、保険については、クレジットカード会社に、鉄道会社から再度、説明させる、と、ありました。まったく、今週は、海外出張だというのに。

PASMOの担当者に、今まで、このような事例は、発生していなかったのか?また、利用者からの質問は無かったのかと、聞くと、、答えられなかった。

とほほ、、、、

追伸1)

PASMOの利用データは、PASMOカードが、改札口を通った場合に、PASMOセンターのメイン・コンピュータと通信を行っているわけでなく、夜間に一括して、各鉄道会社通しで、やり取りがされます。なので、PASMOの再発行は、当日ではなく、翌日に、再発行となります。

追伸2)

クレジット会社の保険部門に電話した際に、現在の時点での不正利用があるかを、問い合わせたところ、データがすべてあがってきていないために、わからないと、いうことだった。

追伸3)

電子マネーの、「せこい」使い方を、今朝のTBSの番組で、放送していました。

ガッチリマンデーより

« 川平三兄弟 | トップページ | 大連行きNH903 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

大変でしたね。
PASMO、便利だけれど、安心して使えませんね。
でも、ありそうなケースなのに、どこもかしこも他社頼みで甘いです。細かいことをどうして決めていないのでしょうか。いろいろなケースに備えておくべきはずなのに、想像力がなさ過ぎます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 川平三兄弟 | トップページ | 大連行きNH903 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ