« ストリンガーの勝利宣言!? | トップページ | ジョイント・コンサート・イン・テル・アヴィヴ »

2008.01.08

香港深夜便が復活!

久しぶりに羽田の国際チャーター便の情報です。昔は、なんどか、記事にしていました。

大昔に運行していた、香港・東京間の深夜便(ミドナイト・エキスプレス)が復活します。

全日本空輸は5日、初の羽田―香港間の国際定期チャーター便を4月1日に就航させる方針を固めた。毎日1往復する。

 政府のアジア・ゲートウエー構想で、羽田空港には昨年6月から国際線の新しい発着時間が認められており、この時間帯を活用した初の国際定期チャーター便となる。

 全日空は、夜9時ごろ羽田を出て翌日の未明に香港に着く便と、未明に香港を出て羽田に午前7時ごろ着く便を軸にダイヤを調整している。

 全日空は成田―香港も毎日2往復している。羽田発着の夜行便は、時間を有効活用したいビジネスマンや観光客の利用を見込む。

 羽田発着の国際線は従来、一部を除き夜11時~翌朝6時しか認められていなかった。往復で約9時間かかる羽田―香港間はダイヤが組みにくかったが、新たに「特定時間帯」として、夜8時半~同11時の出発便と朝6時~同8時半の到着便も組めるようになった。

今回のは、香港と羽田の夜行便です。一昔前は、香港と成田のフライトは、JALとCXが、一日に4往復(そのうち747は3往復)と、そのほかに、UA(747)とNW(747)が1往復、ANAが2往復(747が1往復)でした。合計、一日12往復中、747が、9往復。

747という大型の機材が使われていたのは、これは、ひとえに、カーゴが満載になるために、これだけのフライトが、可能だったのです。

簡単な例で言うと、早朝、築地の競りにかけられた肴が、そのまま成田え運ばれ(朝10時のフライト)で、香港へとび、夕方には、香港の高級日本料理店「なだ万」(シャングリラ・ホテル)で、すしネタに使われる、ということが、あったからです。

羽田―香港に定期便 4月から毎日1往復

« ストリンガーの勝利宣言!? | トップページ | ジョイント・コンサート・イン・テル・アヴィヴ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ストリンガーの勝利宣言!? | トップページ | ジョイント・コンサート・イン・テル・アヴィヴ »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ