« これが最後になるとは知りませんでした | トップページ | コートを脱ぐ季節になりました »

2008.03.23

こういうことを書くと、退くんですよね

日本ユニセフ協会のマンスリー・サポーターに、なっていますが、先日、日本ユニセフ協会から発表された内容が、政治的なプロモーションに思えてきました。どうも、違う方向に、行きそうなので、別の組織へ、移ろうか、それとも、国連のユニセフそのものに、移ろうか、思案中です。

20050307 というのも、子どもを性的虐待から守り、性的商業的搾取被害を防止するという目的には賛成ですが、その手段、方法が、どうも、納得ができません

日本ユニセフ協会とは、国際連合児童基金(UNICEF、ユニセフ)と協力協定を結び、日本からの民間拠出金を取りまとめている。日本ユニセフ協会は、あくまで民間協力の団体であり、国際連合 (UN) や国際連合児童基金の下部組織ではない。日本における国際連合児童基金の下部組織は、東京都渋谷区神宮前の国連大学ビルにある「国際連合児童基金東京事務所」(UNICEF東京事務所。

日本ユニセフ協会の発表内容「なくそう!子どもポルノキャンペーン」(2008年3月12日)

単純に考えると、今回の日本ユニセフ協会から発表されたことは、悪い内容に思えません。その内容を、よく読むと、これは、「児童ポルノ」を無くす手段としては、売り手側の規制ではなく、買い手側の規制、それも、保持することが、違反として、法律化しようとしている面です。元森山法務大臣の政治プロモーションな部分も多くあります。色々な面から、おかしい部分が、多く感じています。

たとえば、

「映画や漫画で未成年の性描写を書いても有罪、保持しても有罪」。子供の性描写が含まれている架空の人物(ブッダ)を描いたマンガ、手塚治虫のブッダを持っている人は、犯罪者になります。

「日本ユニセフ協会が、実在せず、実在すると誤解をまねくことのない、架空のものを描いた物」を違法なものとして取り締まろうとしている点です。 国連人権高等弁務官事務所発の国際条約を見る限り、実在するものに関しては国内法を整備し、単純所持も含めて、取り締まるように定めていますが、架空のものに関しては言及されていません。」

最近、こんな、映画を、アメリカから取り寄せて見ました。第77回米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞受賞作で、イギリスの写真家のザナ・ブリスキさんの作品です。つまるところ、私は、児童のポルノを扱った出版物の保持が違反になるならば、児童買春を扱った出版物(ドキュメンタリー)を保持していることを、ネット上で、公言していることになります。

ダイビングと旅行: 赤貧な街に生れて

オスカー最優秀ドキュメンタリー「売春窟に生まれついて」 - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記

また、日本ユニセフ協会が、国連のユニセフ本部と独立して異論・反論の大きいメッセージを発することには反対です。NGO(ノン・ガバメント・オフィス)が、GO(ガバメント・オフィス)になっている点も、気になります。

自分がマンスリーサポートとして払っている募金が、日本ユニセフ協会の活動している地域(つまり日本)の子供達のためではなくて、子どもの性描写を描いた出版物の所持を罰する法律を作るために使われるのは納得できないのです。

考えているのは、日本ユニセフ協会への支援ではなく、国連の組織である、ユニセフそのものへの寄付

その1

 Printable Donation Form - Support UNICEF

1.プリントアウト(書き写しでも可)の上,必要事項を記入して送付すると。
2.カードの場合はカード番号などを書き,国際為替や送金小切手の場合は「Check Enclosed」にチェックを入れた上で,為替証書や小切手を同封するとのことです。

難点:国際為替の場合(ユニセフ本部のあるUSAあて送付料金)は1件2000円の負担

その2

国連のユニセフ本部の親善大使である黒柳徹子さんに、送るという方法。

トットチャンネル/お願いチャンネル

その3

日本ユニセフ協会への支援をやめて、ユネスコ(UNESCO)や、世界食糧計画(WFP)に変える

問題点のサマリー

MIAU : 「準児童ポルノ」に関する公開質問(2008年3月18日)

小寺信良:「児童ポルノ法改正」に潜む危険  - ITmedia +D LifeStyle (2008年3月17日)

« これが最後になるとは知りませんでした | トップページ | コートを脱ぐ季節になりました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これが最後になるとは知りませんでした | トップページ | コートを脱ぐ季節になりました »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ