« ブラッド・ピットの隠れた名作 | トップページ | これが最後になるとは知りませんでした »

2008.03.20

見たくても探せないことは、ありませんか?

20年くらい前に見た映画を見直そうと、近所のTSUTAYAに行ってみたが、残念ながら、取り扱いがなかった。取り扱ってないので、仕方がないので、昨年末にDVDが発売された、2006年度のカンヌ映画祭で、パルムドール、女優賞(それも5人同時)、脚本賞を受賞した、ボルベール<帰郷> を借りることにしました。こちらも、マイナーなスペイン映画なために、店員さんでも、見つけられず、私を含めて、三人がかかりで、店内を探しました。要するに、店員でも探せないというのは、配置が悪いということです。借りたいものが借りれない、探せない。基本ができていないのです。時間の無い時などは、いつも見つけられずに断念することが多いのが、残念です。

見たかった映画は、ウディ・アレンが、1985年に作成した、THE PURPLE ROSE OF CAIRO、日本語題名、「カイロの紫のバラ」という作品。作品の詳細案内は、別に記載します。簡単に言うと、大人のファンタジーな映画と思います。現実の中の失望を、TVの世界へ、虚像の世界の中へと、幸福の在り方を模索している主人公。

映画 カイロの紫のバラ - allcinema

カイロの紫のバラ - goo 映画

ウディ・アレンの作品では、出演する女優が、その時期により隔たりがあります、初期のダイン・キートン、ミア・ファロー、最近では、スカーレット・ヨハンセンなど。

何故か、この作品は、日本でのDVDは廃番扱いです。そのために、ヤフオクでは、数万円の高値が付いています。オンライン・レンタル・DVDにも、ありませんでした。

ハンナとその姉妹」、「マンハッタン」、「アニーホール」、「インテリア、「スターダスト。メモリー」が、ウディ・アレンの初期の傑作映画です

The Purple Rose of Cairo (1985)

カイロの紫のバラ

« ブラッド・ピットの隠れた名作 | トップページ | これが最後になるとは知りませんでした »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラッド・ピットの隠れた名作 | トップページ | これが最後になるとは知りませんでした »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ