« 松葉杖(BlogPet) | トップページ | ER5のベスト・エピソード »

2008.04.29

ER15のネタバレ!

ER15のネタバレが、アメリカのネット上で、出てきています。。

リソースは、こちらから(ER EXCHANGE)という、スポイラーです。あ、日本にも、あった

日本で、今年の秋からNHKで、放送されるのは、ER13です。2008年9月29日(月曜日)に放送開始です。本場の、アメリカで、もうすぐ(2008年5月15日)、放送が終わるのが、ER14です。そして、その最終回で、クリフ・ハンガーとなる、ER15のシーズン・プレミアが、また、衝撃的。もう、これ以上、無いというくらい、キャストを、いじりまくるようです。

ER14は、脚本家組合のストライキの影響で、従来の22話から、19話となりました。なぜか、分かりませんが、ER15も、19話になるようです。

ER14からのクリフ・ハンガーとなるER15のプレミアのスポイラー(ネタバレ)ですが、

救急車爆発事件により、アビーが、手に傷を、負います。そして、ブラットが、大怪我となり、頭部外傷として、治療を受けます。そして、。。。。。。臓器提供カードを持っていたことから、臓器提供リストに、リストアップされます。。。。そして、プラットのお葬式のシーンに、立ち会うのは、アビー、モリス、マリク、ザドロ、アイクにフランク、サム、ゲイツ、ニーラ、ドゥベンコ。。

ありゃりゃーーーん。本当に、シーズン15で、終わらせるつもりだなあ。。これは、最終話まで、続きませんよ。。。

で、アンジェラ・パセットが、代わりとなって、第2話から登場するとの事です。

ER15では、最初のほうのエピで、アビーが、また、抜けます。(ルカは、14で、抜けていますが)。レイは、13で、悲惨な最期ですし。。ケリーも、13で抜けていますし。

残るのは、モリス、ニーラ、サム、ゲイツ。。。うわっ。モリスが、一番上かよ。。ひでえ。でも、カーターが、ER11の最後で、モリスに、君がリードしろ。。って、言ったんだよなあ。。。頼みは、やっぱり、カーター君のゲストでのアフリカ編か?

ここは、掟破りですが、「マークの死」から8年が経過し、更生した「レイチェル・グリーン」が、医大の3年生となって、シカゴ・カウンティーで勉強する、ER16改め、『ER・ネクスト・ジェネレーション』となって、復活しかありえん(大馬鹿)

ルカ(S6)→今シーズンゲストでアビー降板まで数話登場予定。
アビー(S6)→今シーズン序盤で降板。
プラット(S8)→シーズンプレミアで降板。
モリス(S10)→レギュラー。
ニーラ(S10)→レギュラー。
サム(S10)→レギュラー。
ゲイツ(S13)→レギュラー。
ブレンナー(S14)→レギュラーかな?。
アンジェラ・パセット(S15)→レギュラー。

Angela Bassett in at 'ER'

Angela Bassett(IMDB)

アンジェラ・バセット - Wikipedia

« 松葉杖(BlogPet) | トップページ | ER5のベスト・エピソード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

ER緊急救命室」カテゴリの記事

コメント

スポイラーに、アビーの降板エピが掲載されています。第3話の"The Book of Abby" になる模様です。
http://p099.ezboard.com/btheerexchange
アビーは、死なない。辞める際に、ルカが、カウンティーに迎えに来ることから、復縁した?二人で、ボストンに行く模様?ということは、カーターが、ゲストに戻ってきても、「誰も居ない!」状態です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松葉杖(BlogPet) | トップページ | ER5のベスト・エピソード »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ