« アマゾンの欲しい物リスト | トップページ | ディーバのアルバム(BlogPet) »

2008.05.13

ディーバのアルバム

最近、ポップス系の歌手のCDを、買いあさっている。それも、女性アーティストばかり。

Change_fukuhara_miho これは、先月、メジャー・デビューした、「福原美穂」の歌う「CHANGE]です。もともと、インディーズでは、数枚CDをリリースしていたようです。

いわゆる、シャウト系です。MAXIシングルなので、全体は、良くわかりませんが、アルバム、つまり、コンサートでも、シャウトして、喉が持つのか?というのが、一番の気がかりです。でも、シャウト系は、基本的に、好きなので、今後が、注目です。

Amazon.co.jp: CHANGE 福原美穂

どれくらい、注目されるでしょうか?日本では、シャウト系は、あまり、受け入れられませんから。

Leona_lewis プロモーションに、お金をかけているなあ!というのは、「レオナ・ルイス」の「Spirit」。あれだけのプロモーションなら、日本でも、売れるでしょう。

このデビューアルバムですが、記録的な売り上げのようです。アルバム全体を聞いていて、まあまあです。20代といえば、群雄割拠、ジャンルは異なりますが、アーティストとしては、ビヨンセ、クリスティーナ・アギレラ、アリシア・キーズなどなど。残念ながら、ホィットニー・ヒューストンのデビューアルバムほどの、インパクトは、ありません。一本調子なので、次のアルバムで、本当の勝負でしょうね。

Amazon.co.jp: スピリット

Mariah_carey これは、説明の必要はないでしょう。マライア・ケアリーの「E=MC2]

ビートルズの記録に続いて、全米ナンバー1に、18曲という記録を持つ、30代のクィーン・オブ・ポップス。前作が、2005年ですので、3年ぶりの新作です。マライヤらしく、そつなくまとめた、楽曲です。じっくり聞いています。

Amazon.co.jp: E=MC2


Madonna 最後を、飾るのは、40代の女王、マドンナです。マドンナのアルバムは、意欲的な物と、定番の物、というルーティンを繰り返します。今回は、「意欲的な物」という、版になります。

Amazon.co.jp: ハード・キャンディー マドンナ

1998: Ray of Light
2000: Music
2003: American Life
2005: Confessions on a Dance Floor
2008: Hard Candy


Ray_of_right

マドンナのアルバムでは、産休明けの作品、この、Ray of Lightが、一番のお気に入りです。世界的な写真家、MARIO TESTINOのジャケット写真も、魅力的でした。セールス的に失敗すると、次の作品では、定番に戻す、ということを、繰り返します。でも、最新アルバムとの、このジャケットの差は、なんなんだろう。と、笑いが、出てしまいますね。

« アマゾンの欲しい物リスト | トップページ | ディーバのアルバム(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アマゾンの欲しい物リスト | トップページ | ディーバのアルバム(BlogPet) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ