« ギターっぽい入門したの(BlogPet) | トップページ | 海街としての鎌倉 »

2008.06.26

(原題)ハリソンの花

見たい、見たいと思いつつも、日本語版は、いつまで経っても出ない。以前、WOWOWで放送されたので、日本語訳はあるはずだが。。。戦場のジャーナリスト(WOWOWでは、戦場に消えたジャーナリスト)のDVDが、AMAZON.COMから、届いた。フランス映画なのに、字幕が、英語だ。それと、スペイン語版にも切り替えられる。たぶん、メキシコ系の移民の人が見れるようにだろうな。フランス語版が、入っていたら、クータンに送るはずが、英語だと、ワカランから要らないといわれそうだ。。。

あらすじ
1991年、クロアチア紛争の取材に出かけたニューズウィークの戦場カメラマン、ハリソン・ロイド。ある日、家族の元に彼の訃報が届く。しかし突然の知らせに混乱するも事実を受け入れられない妻のサラは、現地ユーゴスラビアへ向かう。夫の死を確認しに戦地へ向かうがそこには悲惨な光景が・・・・

舞台となったのは、クロアチア戦争の激戦地ブコバルです。戦場に消えたカメラマンで、検索すると、沢田教一さん(ハーグ第9回世界報道写真コンテスト大賞、アメリカ海外記者クラブ賞、1966年のピューリッツア賞受賞)や、一ノ瀬泰造さん(プロカメラマンの横木安良夫さんの先輩)が、ヒットします。この映画の時代は、インドシナが不安定だった1960から70年代ではなく、1990年代、つまり、つい最近のユーゴスラビアで散った48人の写真家に奉げられた作品で、ドキュメンタリーをベースとしたもので、ほぼノン・フィクションといってもよい映画です。よく探したら、フランス語版があったが、PALだった。

戦場のジャーナリスト - Wikipedia

Harrison's Flowers (2000)(IMDB)

戦場のジャーナリスト - くみょんねーさんの好きなこと - Yahoo!ブログ

« ギターっぽい入門したの(BlogPet) | トップページ | 海街としての鎌倉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/41655775

この記事へのトラックバック一覧です: (原題)ハリソンの花:

« ギターっぽい入門したの(BlogPet) | トップページ | 海街としての鎌倉 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ