« 花魁パスタ | トップページ | ビーフ・ソテー・プッタネスカ風 »

2008.06.14

UEFAユーロ2008が、おもしろい

気がつくと、オランダが、グループCを、トップ通過!得失点差が、6点という、超攻撃型のチームになっています。漁夫の利で、ルーマニアなのだろうか?優勝候補のイタリアと、フランスが、足の引っ張り合い状態ですが、この2チームのぶつかり合いは、混戦になる気がします。

決勝で、ポルトガルを破るのは、なんとなく、ドイツや、イタリアでなく、クロアチアとかオランダになるのでしょうか。そういえば、スペインも、今晩には、勝ち名乗りを、あげそうです。

オランダは、1988年のACミランの黄金時代を作った、ファンバステン(現オランダ代表監督)、ライカールト(現バルセロナ監督)、フリット(現ギャラクシー監督)のオランダトリオ以来の優勝するかも。。。

UEFAユーロ2008、歴代優勝国

« 花魁パスタ | トップページ | ビーフ・ソテー・プッタネスカ風 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

オランダ、ビックリするぐらい頑張ってますよね。今年はイギリスは予選落ちで、国内は盛り上がりも何も無いですが、ロンドンは人種の坩堝。きっともう少し進むと、パブ、レストランで大騒ぎになることでしょう。

C・ロナウドのいるポルトガルの攻撃型サッカーを、それを上回る攻撃型のオランダが、どこまでが、通用するかですね。
イングランドですが、ユーロ2008は、予選落ちでも、クラブ戦の、UEFAチャンピオンズ・リーグは、イングランドばっかりでしたね(リヴァプール、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドが、ベスト4)
悪い時もあれば、良い時もあるですだと、思います。

UEFAの時にはイギリス人以外の選手が何処もいるので、あのような結果になったのでは??と思います。イギリス人は最初好調で、その後にちょっとこけると踏ん張りがきかず、更に堕ち続けて負ける、という傾向にあるようです。 昔のイングランドはもう少し根性があったように思えます。

>UEFAの時にはイギリス人以外の選手が何処もいる

NHKのドキュメンタリーの中でも、ロンドンのの特徴として、取り上げられてましたね。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080519.html

この調子だと、勝手に、想像しますが

ポルトガルvsドイツ
クロアチアvsトルコ
オランダvsスウェーデン
スペインvsルーマニア

ポルトガルvsクロアチア
オランダvsスペイン

クロアチアvsオランダ

ということに、なるかなあ。

この記事を、読むと、ポルトガルよりも、クロアチアだね。でも、サッカーは、やってみないと、分かりません。
クロアチアBチームは、ポーランドAチームよりはるかに強かった
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/euro/08/text/200806170004-spnavi.html

イタリアが、勝った!というよりも、オランダが、ルーマニアを相手に、手を抜かなかった、というのが、正解のようです。
準決勝(ベスト4)の組み合わせには、変更がないと思います
そういえば、ワールドカップの南米予選、ブラジル戦は、どうなった(結果は明日)のだろうか。。
http://members.jcom.home.ne.jp/wcup/2010conmebol.htm

ロシアが、勝ってしまった。まずいい、策士ヒディング監督だ。オランダの良いところも、悪いところも、分かっている。。でも、ポルトガル、負けてしまった。。。準決勝は、クロアチアかあ?

アルゼンチンが、ブラジルと、スコアレスドロー。ま、良しとする

クリスチャーノ・ロナウドの大会になると思われましたが、ドイツが、そして、トルコまで。。。サッカーは、本当に、何があるか分かりません。

いよいよ、オランダは、ロシアです。

ロシアがオランダの夢を粉砕
http://jp.euro2008.uefa.com/tournament/matches/match=301701/report=rp.html

ああああ、いい夢を、見せてくれました。ありがとう。

久しぶりに、良いチームでした。次のスペインがんばれ。っと、ここまでの準決勝、全部裏目だ。。。それに、予選を全勝したチームは、優勝できないという、都市伝説もある。でも、攻撃的なチームがいないのは、つまらん。。。。スペインがんばれ。。

ドイツ対トルコ、ドイツ国内の移民トルコ人との長年のいざこざあるから、、正直、この試合は、戦争と、変わりありません。。。

ロシアとは、スペイン、イタリア。。。クロクマさんは、イタリアだしなあ。。。


最後の最後、スペインが残りました。。
PKは、運ですねよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/41526115

この記事へのトラックバック一覧です: UEFAユーロ2008が、おもしろい:

« 花魁パスタ | トップページ | ビーフ・ソテー・プッタネスカ風 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ