« 環境の日 | トップページ | once ダブリンの街角で »

2008.06.07

梅雨の谷間、季節の花です

今月も慌ただしい月になりそうで時間が取れない。休みは、今日ぐらいになるかもしれない。ちょうど良く、雨も止んだ梅雨の谷間。ちょっと、汗ばむくらいで、撮影するにはちょうど良いけれど、北側斜面がこんなに暗いとは思いませんでした。マクロ系なのでSummiluxレンズを持っていかずに、望遠レンズを持って行ってしまったのが失敗でした。こんどは、25ミリSummiluxもしくは、まだ購入していない50ミリマクロを持っていくのが良いと思いました。撮影は、ほとんど、28ミリの広角(ワイド端)で、思いっきり近づいています。暗い理由には、最初に、レンズカバーをつけていたので、光が入らないのが理由かも知れません。

撮影の途中でモデルさんを連れている人に会いました。良く見ると同じカメラでした。これは、思わず、ビックリ。今まで、同じカメラの人に遭遇したことありません。それだけ、レアなカメラなのでしょうね。それと、モデルさんを連れて撮影している人が他にも2組いました。どちらも、レフ板をカメラの下に備えて、下から自然光を反射させてモデルや花を明るく写すのでしょうか?確かに、ここでは、有効なテクニックかも知れませんが、大げさするのと、結構な荷物になるので、私には、手が出ないテクニックです。

飛鳥山公園(2008年06月07日)

« 環境の日 | トップページ | once ダブリンの街角で »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

白い紫陽花!!綺麗ですね。イギリスでは青が強い紫陽花が多いです、これって土がアルカリ性か酸性かによりましたよね? どっちがどっちか忘れてしまったのですが。

えっと、「写真」もしくは、「飛鳥山公園(2008年06月07日)」の文字をクリックすると、Googleのアルバムのサイトに、飛びます。全体的に、「暗い写真」ばかりです。

紫陽花の色は、はっきりしていないそうです。
http://homepage2.nifty.com/osiete/s615.htm
とも、ありますし、こうも、あります。
http://www.aiaipark.co.jp/onayami.php?comid=486
ただし、6月のジューン・ブライドの「お祝い」に紫陽花は、ダメなようです。花の色が変わることから、花嫁の「移り気」にも、取れるそうです。

たくさん撮りましたね。
私は青い紫陽花が好きです。
6月は雨が多いけれど、紫陽花はきれいですよね。で、光が少ないので写真が難しいです。
私も撮りに行かなくちゃ。

紫陽花が、見ごろだと思います。春の「お花見」に比べると、見ている人が少ないので、のんびりとしていられると思います。「曇り」が多いので、アップの写真は、要注意ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/41456267

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の谷間、季節の花です:

« 環境の日 | トップページ | once ダブリンの街角で »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ