« 『007/クォンタム・オブ・ソラス(慰めの報酬)』 | トップページ | 北京オリンピックのサッカー基礎データ »

2008.07.21

とんでもないライブだ

先週の水曜日(16日)と、18日(金曜日)に、NYのシェア・スタジアムで、Billy Joelのライブが、あった模様です。

いつものように、動画を、見ると、スタジアムと関わりのある、ビートルズの「I Saw Her Standing There 」を、歌い始めると。。。。このセカンド・アンコールのゲストが、これ、すごすぎます。

カメラが、揺れる、揺れる。。。。わかるなあ。。。こんな、サプライズ。もうひとつ、別アングルからも。

それから、いつもの。ピアノ・マンで、長ーーい、アンコールも、終わりかと、思ったら、

あれれ、コンサート、まさに、乗っ取り!

あらあああ。神様、二人が、ステージのピアノの上に!って、感じですね。

「Let It Be」もまた、別のアングルから。

コンサートが、乗っ取られても、良い子は、ピアノに、乗っては、いけません!(笑)

お家には、スタインウェイが、あるから、こんな行儀が悪いことが出来るのかも?しれませんけど。。。

これが、18日のセット・リスト(演奏曲目一覧)ですね。いやあ、ゲストも、多いし。日本公演でも、UDOさんが、がんばって、ゲスト、呼んで欲しいなあ。同じ、UDOさんが、招聘(しょうへい)するThe WHOも、この秋に、来日しますから。それよりも、日本公演の隠し玉、だめもとで、ゲストに、エリック・クラプトンとか、呼んでくれないかなあ。(無理ですって)。

ゲスト一覧

トニー・ベネット(Tony Bennett)は、アメリカのエンターティナー(ポップス・シンガー)です。

ガース・ブルックス(Garth Brooks)は、カントリー・ウェスタンのシンガーです。

スティーブン・タイラー(Steven Tyler)は、ロック・バンド「エアロ・スミス」のリードボーカルです。

ロジャーダルトリー(Roger Daltrey)は、ロック・バンドThe WHOのリード・ボーカルです。

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)は、ザ・ビートルズの元メンバーです。

2008年7月18日(金曜日)のセットリスト

Star Spangled Banner
Miami 2017
Prelude/Angry Young Man
My Life
The Entertainer
Summer, Highland Falls
Zanzibar
Allentown
Ballad of Billy the Kid
New York State of Mind (with Tony Bennett)
Root Beer Rag
Goodnight Saigon
Don't Ask Me Why
Keeping The Faith
The Downeaster "Alexa"
This Night
Movin' Out
Under The Boardwalk/An Innocent Man
Shameless (duet with Garth Brooks)
She's Always A Woman
Captain Jack
Lullabye
River of Dreams/A Hard Days Night
Walk This Way (with Steven Tyler)
We Didn't Start The Fire
It's Still Rock 'n Roll To Me
My Generation (with Roger Daltrey)
You May Be Right

Encore:
Scenes From An Italian Restaurant
Only The Good Die Young

Second Encore:
I Saw Her Standing There (with Paul McCartney)
Piano Man
Let It Be (with Paul McCartney)

いや、すごいです。これだけ、聞いたら、3時間くらいは、あっという間ですね。

Billy Joel 来日スケジュール(2008年11月18日(火曜日)、東京ドームのみ)

« 『007/クォンタム・オブ・ソラス(慰めの報酬)』 | トップページ | 北京オリンピックのサッカー基礎データ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして~Yahoo~ billy joei検索で
こちらを知りました。

セットリストをコピーして眺めています。
Billy Joel 初心者?ですので

雰囲気が、あって、きれいな動画を、選んでいます。
かなりの人が、ハンディのカメラを持ち込んでいるに、びっくり。

セットリストは、16日分とも、微妙に、違いますので!
ポールが出ているので、18日分を、ブログに書きました!

キーボードのDavid Rosenthalさんのサイトには、全てのセットリストが、記載してありますよ。
http://www.davidrosenthal.com/htdocs/index.htm

オフィシャル・ストアで、今回のグッズも、買えますよ!
http://www.fanfire.com/cgi-bin/WebObjects/fanfire.woa/wa/artist?sourceCode=BJOWEB&categoryName=Last+Play+At+Shea&artistName=Billy+Joel

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/41923264

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもないライブだ:

» ダイビングを始めましょ [ダイビングを始めましょ]
ダイビングに関する情報発信 [続きを読む]

« 『007/クォンタム・オブ・ソラス(慰めの報酬)』 | トップページ | 北京オリンピックのサッカー基礎データ »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ