« 北京オリンピックでのブックメーカー | トップページ | マイクロフォーサーズの発表(BlogPet) »

2008.08.05

マイクロフォーサーズの発表

以前から、8月5日に発表になる!と、ネット上で噂になっていましたが。マウントの新規格とは。とりあえず、マウント・アダプターを使えば、旧レンズ群(フルサイズ・フォーサーズ)が使えるとのこと。マウントアダプターを付けても、AFが使えないと、辛いです。

フランジバックが1/2となり、イメージサークル径が従来通りなので、画像素子は従来通り、ミラーボックスが無くなり、広角から標準レンズに至っては大幅な小型化が可能ということですが、望遠や動体撮影などは、従来の方が機械的な部分で有利だそうです。

-4/3型撮像素子をベースとしたデジタル一眼システム「フォーサーズ」の新展開。
-デジタル一眼カメラの新たな需要を睨んだ「フォーサーズ」の拡張規格として「MICRO FOUR THIRDS」を、オリンパスと松下電器が共同で策定。
-レンズマウントのフランジバックを50%短縮化。
-レンズマウントを6mm小径に。
-マウント電気接点を従来の9ピンから11ピンに変更。
-現行レンズも、マウントアダプター併用で利用可能。
-従来システムに比べ、小型軽量なシステムの構築が容易。
-撮像素子サイズは従来同様4/3型のため、画質面では従来機と同等の高画質を実現。
-将来的には、レンズ交換式の動画対応システムへの展開も可能。
-ミラーレスのシステムが基本となる「システム・ライブビュー・カメラ」に。

オリンパスとパナソニック、「マイクロフォーサーズシステム」規格を発表

と、解説は、こういった、サイトが詳しいかと、思います。読んでも、分からない人は、それでも、沢山いるのですから。

他のメーカー(キャノン、ニコン、ソニー)が、APS-C規格から35ミリの画像素子にシフトしていく、ある意味、トヨタ方式、使い古されたCMコピーですが「カローラ、コロナ、マーク2となり、いつかはクラウン」という流れとは、逆行し、コンパクトに活路を見出す。成功するかどうか、分かりませんが、右向け右!というのではなく、別の活路を見出すのは、個性だと思いますが、日本人の感覚らしくないですね。。

オリンパス ニュースリリース:オリンパスイメージングと松下電器 「マイクロフォーサーズシステム規格」を策定

オリンパスイメージングと松下電器 フォーサーズシステム規格の拡張規格「マイクロフォーサーズシステム規格」を策定 | プレスリリース | ニュース | 松下電器産業株式会社

Four Thirds|マイクロフォーサーズ|マイクロフォーサーズのベネフィット

価格.com - オリンパス E-3 ボディ クチコミ

« 北京オリンピックでのブックメーカー | トップページ | マイクロフォーサーズの発表(BlogPet) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

E-410が出たとき、光学ファインダー(ミラー)にこだわらず、とってしまえば、フォーサーズの利点が活きるのに、とずうっと思っていたので、オリンパスはよく決断したと思います。(むしろ、遅い。)

コンパクトな、単焦点、広角レンズに非常に有利。GR digitalやシグマDP-1など、コンパクトと高画質を求めるユーザーにもう一つの選択を与えることになるでしょう。

個人的には、ミラーショックがないため、静音化、ブレ軽減に非常に期待が持てます。

苦言としては、当初からデジタル専用設計をしている割には、従来フォーサーズレンズ→SWDレンズ→マイクロフォーサーズと、結局ユーザーにシステムの買い増し、買い替えを強いているところ、あまり褒められないでしょう。

>。読んでも、分からない人は、それでも、沢山いるのですから。

おっと、分かる人が、コメントを、いただきました。

SP-570のユーザが買い替えるか?というと、超望遠レンズでは、マイクロ・フォーカスのメリットでもある軽さが生かせないから、従来のフルサイズ・フォーサーズでは、重くてダメと、言われそうですね。

>結局ユーザーにシステムの買い増し、買い替えを強いているところ

私は、今でもSWDを買えません。従来系レンズ使っています。一度、買ったら、レンズは本当に買い替えは、できないです。

この記事は、とってもタイムリーでした
【インタビュー】オリンパスに聞く“マイクロフォーサーズ"の狙い
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/08/11/9015.html

>「今回の発表でオリンパスがフォーサーズの開発をやめるのでは? といった憶測も出ている。しかし我々は年内にも複数のフォーサーズ用ボディを発売する予定ですし、フォーサーズをやめるつもりは全くありません。マイクロフォーサーズを発表することで、フォーサーズのファンが"裏切られた"と思うことだけは避けたい」

>「我々は銀塩マニュアルフォーカス時代に、一度はOMマウントを捨てて一眼レフの世界から撤退しています。」

これを、信じて良いのですよね。一度は、裏切ったオリンパスさん。

パナソニックから、先週、1号機が発表になりました!コンセプトは、女性のエントリーユーザーがターゲットらしい。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/09/12/9209.html

でも、これが、本当に、女性が、好んで持ち歩くカメラのデザインには、思えないです。どちらかと言えば、こちらの、本日、発表になった「ライカのM8」のデザインで、カラーバリエーションを加えたほうが、良い気がします。
ライカ、F1.4「ズミルックス」に広角21mmと24mm
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2008/09/15/9212.html

ライカ、ブラックペイントになった「M8.2」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/rf/2008/09/15/9210.html

ライカの公式ホームページ
http://m.leica-camera.com/home_jp.html

ライカとパナソニックでは、業務提携しているのですから、外観はライカ、中身はパナソニックでも、良かった気がします。マイクロフォーカスになって、ミラーが、無くなったのだから、こういったデザインのほうが、すっきりすると思いました。カラーバリエーションも、パントーンの色見本にある中ら選べるように!という具合に。それでは、ソフトバンクの携帯か、アップルのiPod nanoになりますね。

パナソニックのG1よりも
http://panasonic.jp/dc/g1/index.html
同じ、パナソニックのLX-3
http://panasonic.jp/dc/lx3/index.html
のほうが、ちょっとした、お出かけカメラには、良い気がしてきました。何よりも明るい広角レンズのコンデジなんて、本当に久しぶりのような気がします。

そういえば、こんな記事がありました!

ライカのMレンズも発表になったようですから、こういった、遊びも出来る筈(!?)なんですよね。高いから、買えないけれども。

==>引用開始

――マイクロフォーサーズなら、ライカのMマウントレンズもコンバータを作れば利用可能になりますね。そうした古いレンジファインダー式カメラ用の交換レンズを使うというのも楽しそうですが、可能性はどうでしょう?

「レンズ交換式のカメラシステムとしては、フランジバックが最も小さいので、実現は可能でしょう。個人的には期待したいとは思います。マウント規格として考えると、動作保証などの問題も出てくるので、会社として応援はできませんが、作って欲しいですね」
<==引用終了
【インタビュー】オリンパスに聞く“マイクロフォーサーズ"の狙い
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/08/11/9015.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/42076891

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロフォーサーズの発表:

« 北京オリンピックでのブックメーカー | トップページ | マイクロフォーサーズの発表(BlogPet) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ