« 回線(BlogPet) | トップページ | 運命の息子 »

2008.08.29

グスターボ・ドゥダメル来日決定!

_8301756 以前、こちらに日程のみ記載しただけですが、

日程と、場所が正式に決まりました。

グスターボ・ドゥダメル指揮

オーケストラは、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラの来日公演です

12月17日(水曜日)19時より、東京芸術劇場

チャイコフスキーの交響曲第5番
ラベルのダフニスとクロエの第2組曲
そして、たぶん、アルバム・フィエスタの中の曲

12月18日(木曜日)19時より、東京国際フォーラムA

マーラーの巨人
その他

で、ソリストが、マルタ・アルゲリッチ

はああああ????

あんな、スカスカのホールですかあああ?

マジですかあ?本当か?梶本!

8月30日加筆

YAHOO知恵袋では、見事に、ベストアンサーを受賞!記事を書いたものよりも、記事を見つけて、貼り付けた人が受賞るとは!(大笑い)まあ、私が、もらったに等しいです。

まあ、弄ばれたついでです。フザケテみましょう!

そこで、このアルゲリッチが本当に、来日すると仮定のもとで、東京国際フォーラムでのチケット売り上げを、概算で計算してみましょう。と、ここからは、お遊びです。本気にしないでください。

東京国際フォーラムの座席表は、こちら!により、

1階席1番から21番までを、SS席、22番から38番をS席、残りをA席とすると、一列が76席として、SS席が1,596人、S席が1.292人、A席が760人

2階席、2階席12番までをS席、17番までA席、22番までをB席、残りC席とすると、一列が76席として、S席が912名、A席が380名が、B席も380名、C席が304名となります。

で、SS席が、45,000円、S席が38,000円、A席が31,000円、B席が24,000円、C席が17,000円と仮定しますと、総額2億円くらいかああ。。と、思いつつも、梶本だと、アルゲリッチが入るだけで、BPOやVPO並みの料金になるかなあ。。。。C席でも、通常のコンサート(マドンナ)よりも高いぞ!ほんとかなあ。

東京国際フォーラム(施設ガイド)

2008年9月6日、以下の動画を追加

ダイビングと旅行: ドゥダメル、SBYOVってどんな演奏するの?

2008年9月15日、以下の情報を追加

ダイビングと旅行: ドゥダメル来日情報(その2)

« 回線(BlogPet) | トップページ | 運命の息子 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事を読んで、今大慌てで、しかも封も切ってなかったKajimoto Concertを見ました(みただけで読んでない(笑))。
でもアルゲリッチの扱いが異様に小さくありません?私は思わず老眼鏡をかけてしまいました。
会場の東京国際フォーラムって、そんなにすかすかなのでしょうか。いったことないので(大汗)

東京芸術劇場は、一番後ろの席に座ることが多いですが、あそこも、遠いです。天井が、ジャンプすればと届くと思います。そして、ステージは、本当に、遠い。

東京国際フォ-ラムAは、1階席だけで、3000名が入ります。2階席が、2000名です。1階席の後ろに座ると、ステージが、遠い遠い。ポップス系のコンサートだと、大型スクリーンが用意されることがありますが、クラッシックでは、ありえないでしょう。

前回(2007年)、梶本がアルゲリッチを招聘した際に、アントニオ・パッパーノ指揮ローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の公演でしたが、まるで、アルゲリッチの公演のような宣伝、と、言いますか、値段設定というか、、、。結局は、アルゲリッチは、来日せず。。。。

ということが、ありましたので、カジモトも2年連続で、アルゲリッチで、おいしい思いをするのは、気がひけたのでしょうか?カジモトが?、そんな、アホな。。。と、おっしゃる方も、多いと思います。なんといっても、今度は、青少年を使って、カモにするようなことは。。。そんな青少年をダシにつかうような。。。。でも、ばっちり、こいうったブログでネタにしていますしい。

本当に、アルゲリッチが来日する、それも協奏曲の演奏、という事は、眉唾(マユツバ)だと思います。

曲目も未定のようですから、いっそのこと、ラフマニノフのピアノ協奏曲の2番にしておけば、代替えピアニストで、スキンヘッドな大男が、大抜擢することなどは、単なる妄想です。(激爆)

なるほどそうでしたか。去年の騒ぎを(たった去年の事なのに)綺麗に忘れていた私は???でした(笑)。

>>カジモトが?
 カジモトだから却ってアヤシイと思うのは前世紀の5万をいまだに根に持っているからでしょうか(爆)。善良なカジモト、想像しにくいけどさすがにスクリーンでアルゲリッチはあり得ませんよね。あの写真の小ささが全てを物語っているのでしょう。

>>スキンヘッドな大男が
 激遅で2時間演奏しても、施設内にマッサージルームがあるので聴く方は肉体的ダメージが少ない、体に優しいホールですよね。耳に厳しくとも(笑)。 

>体に優しいホールですよね。
東京国際フォーラムは、駅のすぐそばなので、便利です。そして、空間がとても多くて、100分の1位、私に、東京都は、くれませんかね。無料で。と、常々に、思います。

>耳に厳しくとも
響かないのですよね。音もそうですが、心にも。どうも、あそこは。。なので、5月の連休のクラッシックの「ラ・フォル・ジュルネ音楽祭」も、あまり、好きではありません。

国際フォーラムで、このBBCのコンサートのようなノリが生まれれば、良いのです。カジモトが主催することで、コンサート料金の高騰が予想されます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/42319800

この記事へのトラックバック一覧です: グスターボ・ドゥダメル来日決定!:

« 回線(BlogPet) | トップページ | 運命の息子 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ