« アメリカ大統領選挙ですが | トップページ | 秋のドライブコース »

2008.11.05

アメリカ大統領演説

そろそろ、アメリカの大統領選の結果が分かりそうです。どんな大統領の就任演説になるのでしょうか?世界中が、嬉しくなる様な、演説が良いですね。

10年位前の1997年に公開された映画「インディペンデンス・デイ」の中でビル・プルマン(Bill Pullman)が演じたトーマス・ホイットモア大統領演説を、引用してみます。



Good morning.
In less than an hour, aircraft from here will join others from around the world.
And you will be launching the largest aerial battle in the history of mankind.
"Mankind." That word should have new meaning for all of us today.
We can't be consumed by our petty differences anymore.
We will be united in our common interests.

Perhaps it's fate that today is the Fourth of July,
and you will once again be fighting for our freedom...Not from tyranny, oppression, or persecution...but from annihilation.
We are fighting for our right to live. To exist.
And should we win the day, the Fourth of July will no longer be known as an American holiday,
but as the day the world declared in one voice:

"We will not go quietly into the night! We will not vanish without a fight!"
We're going to live on! We're going to survive!
Today we celebrate our Independence Day!

おはよう
今から1時間後、君らは世界各国のパイロットと共に人類史上最大の作戦をスタートすることになる。
“人類”という言葉は、今日新しい意味を持つ。
人種の違いを乗り越えて、一つの目的のために結ばれる。

今日はくしくも7月4日、これも何かの運命だ。
君らは再び自由のために戦う。圧制や弾圧から逃れるためでなく、生き延びるためだ。
地球上に存在する権利を守るために。
勝利を手にしたなら7月4日は米国の祝日であるだけでなく、人類が断固たる決意を示した日として記憶されるだろう。

我々は戦わずして絶滅はしない。
我々は生き残り、存在し続ける。
それが今日、我々が讃える人類の独立記念日だ!

言葉の通じないエイリアンとの戦いにおいて、人々の気持ちを奮い立たせるプロパガンダとして、よくできていると思います。日本語だと感じませんが、英語では、大統領の演説に用いられる、分かりやすい、短い言葉と繰り返し、そして、NOTを上手く使った技法が、分かりますね。アメリカ映画万歳という、典型的な映画ですが、このシーンで使われているスピーチは、かなり、考えられていることが分かります。

Amazon.co.jp: 歴史が創られた瞬間のアメリカ大統領の英語(CD付) (CD BOOK): 西川 秀和: 本

こういった本にあるように、過去のスピーチを分析されて作られたことが良く分かります。

否定によって付加される価値 : ケネディー大統領演説の分析


オバマさん大統領就任記念!ID4との夢のジョイント

Yes We Can!

そして、このトーマス・ホイットモア大統領演説の次の戦闘シーンを見たい方は、こちらを、

YouTube - Independence Day - Battle Over Area 51

予断ですが、ナムコのプレイステーション2用ゲーム「エースコンバット04」の演説は、これのパロディです。日本語から英語を作ったのでしょうね。英文は、普通ですね。

"Good morning, troops. I have an important announcement.
In one hour, each one of you will take part in the most important mission in our history - a mission that will result in the defeat of the vile enemy who has brought chaos to our continent.
Although we are from different nations and of different races, we have fought, suffered and died together, fighting for what we believe in - .fighting for freedom.
Today, we shall gather for the final battle, to liberate our beautiful continent and restore freedom to our people - our friends and our families.
Our victory will herald the beginning of a new era of prosperity for the Usean Continent.
Victory will be ours! We shall return peace to our people. We will win back our freedom, .and our future!
The skies belong to everyone!
Now, let us take back our “Shattered Skies”!

Sept. 26, 2005

「おはよう、諸君。重要な通知がある。
これより1時間で、諸君らは、我々の歴史上最も重要な作戦-我々の大陸に混乱をもたらした無頼の敵供を打ち破る作戦-に参加することになる。
我々は、それぞれ異なる国家、および異なる民族の集まりだが、共に信じるもののために-自由のために、戦い、苦しみ、そして命を落としてきた。
今日、我々は、我々の美しい大陸を解放し、かつ人々に-友人達や家族に-自由を取り戻す、そのための最期の戦いに力を合わせるのだ。
我々の勝利は、ユージア大陸の繁栄する新たな時代の幕開けを告げることになるだろう。
我々は勝利するだろう!我々は人々に平和を取り戻す。我々は再び自由を、そして未来を取り戻す!
大空は、全ての人々のものである!さあ、「砕かれた空」をこの手に取り帰そう!」

-2005年9月26日、メガリス攻撃に際し、ユージア空軍司令官が行ったスピーチ

« アメリカ大統領選挙ですが | トップページ | 秋のドライブコース »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/43018014

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ大統領演説:

» 米大統領選 詳細を実況中継 バラク・オバマ候補優勢で推移 [ハズレ社会人]
オツカレです。 いよいよ開票が始まった。黒人初の大統領誕生となるか? [ワシントン 4日 ロイター]米大統領選の開票始まる、東部から投票締め切り  2008年の米大統領選は4日、民主党候補のオバマ上院議員(47)が明らかな主導権を握る中、2州での投票が締め... [続きを読む]

« アメリカ大統領選挙ですが | トップページ | 秋のドライブコース »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ