« ジャッジ2 | トップページ | カイロ(BlogPet) »

2008.11.19

BJ2008ライブ・ツアー@東京ドームのサマリー

もう、ドームの周りの木々も色づいています。今週末の神宮外苑辺りは、撮影ポイントに、ちょうど良いかもしれませんね。これらの、写真は、ライブの後の模様です。すべて、手持ちで撮りました。シャッタースピードを、もっと、長くすると、もっと綺麗な写真が撮れると分かります。お気楽、全自動モード!で、これだけなんですね。本当に、今の、コンパクト・デジカメは、すごいですね。

東京ドーム(2008年11月18日)

と、前置きを書きましたが、久しぶりの、ドームのライブでした。2年ぶりですね。ほぼ、19時に始まり、21時過ぎまでの、アンコールを入れて、21曲です。次のAU公演のために、たぶん、羽田からのチャーター機で、お帰りになったそうな。。orz

ドームのコンサートも、昨今の治安が悪くなったためか、入り口での手荷物検査に、加えて、さらに、中でも、もう一度、ありました。アメリカの空港のような、荷物検査をするわけではありませんが、ペットボトルは投石の代わりになるので禁止ですし、カメラ、ビデオや、録音機材などの持ち込みできなくするのが目的です。鞄を、持ち主が開けて、係員が、無作為に手を差し込んで、なにか、不審な物がないか、ということです。鞄の中を、グルグルと掻き回すわけではないですから、時間は、それほどかかりません。あまり、抵抗せずに、係員の印象を悪くしないようにしたほうが、スムーズに、通過が可能になると思います。

今回は、アリーナといっても、かなり後ろ。ドームのほぼ中央部でしたので、音場(音響)のバランスが、完全に狂っているところで、PAが、まったくチェックしてないなあ、と、言いますか、完全に、無視された場所です。それと、お客様の年齢が高いせいか、ノリノリな人が、ほとんどいなくて、もう、聴くコンサート!って、感じです。外れたなあ。。コンサートって、お客様のノリで、決まる部分が、大きいのに。歌う人がいないなんて。。。アメリカのライブとか、YouTubeで見ろよなあ。。。TVと違うんだから。。と、独り言が多くなる、ちょっと、残念と、思ってしまったライブですね。

セットリストを振り返りますと、ストレンジャーが、一番目にあるのが、特色です。(昨日の記事を参照)。2006年のセットリストと、比べると、かなり、似通っていますね。2008年のみにあったのが、

Just The Way You are 

Movin' Out (Anthony's Song) 
Pressure

の3曲になります。逆に、2006年のみにあるのが

An Innocent Man
Big Shot
I Go To Extremes
Miami 2017
Scenes from an Italian Restaurant

になります。2006年のほうが、数年ぶりという、インパクトが大きかったのがあります。また、ラスト・ライブになるという、思いもあったからかと思いました。が、今回の場合には、数日前の記事にあるように、エルトン・ジョンとのジョイント・ライブ・ツアーがあることも分かったので、また来るのか?と、いう安心感もあったかと思います。

ダイビングと旅行: ラスト・ピアノマン(2006年のライブの記事)

ダイビングと旅行 ビリージョエル2008ライブ・ツアー@東京ドーム

ビリー・ジョエル:一夜限りの来日公演 - 毎日jp(毎日新聞)

エルトン・ジョンとビリー・ジョエルのジョイントツアー、2009年に再始動 Web-Tab - ショウビス Showbiz - ウェブタブ、

« ジャッジ2 | トップページ | カイロ(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/43166449

この記事へのトラックバック一覧です: BJ2008ライブ・ツアー@東京ドームのサマリー:

« ジャッジ2 | トップページ | カイロ(BlogPet) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ