« 雨のワルツ | トップページ | 2月の芸術劇場よりSBYO日本公演 »

2009.01.24

地球温暖化対策、というよりも、車が売れない理由だね

以前、こちらのサイトで、本名(漢字)で試してみたところ、「世界平和を実現できる男」というキャッチコピーでした。男ならば、「世界征服を実現できる男」のほうが、良いのではないだろうか?と、思ったりもします。

そんな、世界征服の第1歩でもないですが、普段の通勤に車を使用していないことから、最近の愛車は、単車になっています。たまに、車があると便利だなあ、と、思うこと(それは、雨の日に荷物を運ぶことだったり)が、ありますが、我慢することもあります。そんななか、以前から存在は、知っていたのですが、何気に、調べると、意外と近所に、あるのですね。思い立ったら吉日!さっそく、説明会と申し込みに出かけました。近所の営業所に申し込んだところ、予約で満杯との事で、仕方なく、丸の内の営業所まで。。ここが、分かりにくいところでした。

月会費がありまして、これが、うまい仕組み。月に、5時間以上使うならば、3000円のコースなんだそうです。基本的に、ICカードで開始して、ICカードで終了だそうで、近くの駐車場の実車でも、試しました。ICカードのほかに、パスモ(ICカード)も登録できるそうなので、定期券は財布に入っているので、こちらにも、登録しました。事前に予約をして、最低使用時間30分からの、15分刻みで、共有する。予約時間の延長をしたい場合には、次に使う人の予約が入っていなければ、延長可能だそうです。ここが、微妙な仕組みで、予約と予約のインターバルが、90分設けているそうです。それで、多少の遅れをカバーするそうですが、無断延長の場合は、金額が2倍近くになるので、遅れそうになったら、電話なり、携帯電話から、WEBを使うということになりそうです。それと、ガソリンに関しては、1キロメールトル当たり、14円から18円だそうです。ここが、微妙です。時間単位に共有する料金に、走行距離を、どう考えるか!という部分ですね。1回の使用で、最大4日連続まで可能。もちろん、分割して、予約することも、可能みたいです。

今、車が売れない時代に、こんなカーシェアリングなんてことするから、ますます、売れないだろ!と、言われそうです。地球温暖化とか、二酸化炭素を減らすとか、月々の維持費(駐車場代金、保険料)も、かかるし。なにより、バイクと併用です。そういえば、3月になると、バイクの車検だ。銀行の残高、確認しないと、いけませんね。

オリックスカーシェアリング[プチレンタ]

« 雨のワルツ | トップページ | 2月の芸術劇場よりSBYO日本公演 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/43842537

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化対策、というよりも、車が売れない理由だね:

» カーシェアリング [カーシェアリング]
Yahoo動画 (アニメ)は、 広告、出版、音楽など各違界のクリエーターの 人たちも欠かさずに毎日チェックしているとか。特に、Yahoo動画 スペシャルアニメシアター」「special」を業界の人たちが、チェックしているとのこと。 [続きを読む]

« 雨のワルツ | トップページ | 2月の芸術劇場よりSBYO日本公演 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ