« イチローの名言集 | トップページ | マイノリティーな楽器をテーマにした書籍? »

2009.03.25

ER13からER15 レイとニーラ、その後

この月曜日に放送が終了したER13

いつものように、クリフハンガーなわけですが、結局どうなったの?

と、いうことで、ググってくるかたが多いです。

で、こうなります!

これって、ネタばれです。でもER15のエピソード20ですよ!

お別れパーティとか、あるエピソードです。

カウンテイを離れたニーラ。

空港から、車を運転していきます。

着いたのは、とある病院(Lechatlier Medical Center)のリハビリルームへ

たぶん、バトンリュージュの病院

というシーンです。

レイが、働いています。

レイ

Finally.

You're really here?

やっとだな、

本当に、来たんだな

ニーラ

Yeah

I really am

ええ

私、

本当に

いやーーーーシンプルだけど、いいシーンで、終わりますね。


で、これが、そのロングバージョン


これは、ER13のラストエピソードのエンディングにかかった、Jeff Buckley(ジェフ・バックリィ)の Hallelujah(ハレルヤ)です。

日本語と英語の歌詞は、こちら

おまけ。


S15で、シェーン・ウェスト、

2度目のゲスト出演シーンでしたが、1回目は、(エピソード11?)での、復活のシーンです。

このエピソードだと、踏ん切りつかんでしょ。で、冒頭の、エピソード20に、って、ことでした。

S13の最後から、1年半で、義足で走れるようにもなって、車で、長距離の移動もできるし、

単純に、走っているシーンだけでも、感動ものですけどね。


では、プレイバック!

その2

その3

« イチローの名言集 | トップページ | マイノリティーな楽器をテーマにした書籍? »

ER緊急救命室」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!こちらでレイとニーラのその後を知ることができて、感謝です!
海外ドラマは、時折どっぷりハマる作品が現れるのですが、ERに関しては、自分が子どもの頃に数ヶ月入院した経験から、施術や患者さんのリアルな描写がどうしても絶えられなくて、興味はありながら、ずっと見ていませんでした...。でもシェーン・ウェストとバーミンダ・ナーグラが出てきてからは、またちょっと気になりだして、時折TV放送をチェックするようになっていました。最近のNHK総合のシーズン13の再放送から、続きが気になって、シーズン14のDVDを借りてみましたが、今後の2人の展開次第では、もう(ER15を)見るのをよそう・・・と思っていました・・・が!、このような展開と分かって嬉しいです!やっぱり最終回まで見届けようかな^^、と思いました。happy02ありがとうございます。shine

にわかファンさん

こんにちわ。あまり、コメントもなく、ネットの片隅で細々と開いているサイトによくいらっしゃいました。

ネタバレで申し訳ないですが、シーズン15は、本当にオールスター出場の何でもありです。

クリフ・ハンガーの第1エピは、いたしかたないですが、この人は、流石に、出れないいでしょ!と言う人まで、あっという方法で、出てますから。そのなかでも、このレイとニーラの最後のエピは、気に入ってます。

それと、本当のラスト・エピのファイナルシーンは、戻ってきたカータ君の何気ない言葉にも、15年のシーズンを感じて、泣けます。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/44465386

この記事へのトラックバック一覧です: ER13からER15 レイとニーラ、その後:

« イチローの名言集 | トップページ | マイノリティーな楽器をテーマにした書籍? »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ