« 温室効果ガスのニュースを見ていたら、何か変に感じます | トップページ | 掃除(BlogPet) »

2009.04.04

「Bonejourと空のこんぺいとう楽団」のライブを聴きました

久しぶりに、クラシック系のライブハウスに出かけました。場所は、本日(4月4日)の夕方、TBS-TVの感謝祭でミニ・マラソンの行われる赤坂にあるカーサ・クラシカです。

「Bonejourと空のこんぺいとう楽団」のライブ(カーサ・クラシカ)


大きな地図で見る

ライブの写真は、あるのですが、肖像権とかもあるから、掲載許可がおりましたら、掲載します。
(インターネットに載せてもよいですか?と、誰に言っているの!?)

カーサ・クラシカ・ライヴ(2009年04月03日)


Bonejour
中澤 律子(トロンボーンとボーカル)
宮地 利治(トロンボーン)

空のこんぺいとう楽団
長井 和明(リコーダーとチューバ)
中澤 律子(トロンボーンとボーカル)
宮地 利治(トロンボーン)

セトリ(プログラム・セット・リスト)ですが、楽曲間にMCが入りますので、紙媒体は、ありません。
また、ライブ・ハウスなので、飲食(お酒)も可能なために、基本的に、
1)食べること
2)飲むこと
に、夢中になりますので、メモなんて、、、、、、取り忘れました!
もちろん、音楽、ちゃんと、聴いてますよ!
と、誰の向けに書いているのやら。。。

この二つのユニットの基本的な違いですが、
長井さんが、入るユニットと、そうでないユニット、としか、言えません。
すみません、当事者でないので、よく分かっていません。
舞浜にある大型テーマ・パークのバンド・マン出身者というのが、メンバーの共通しているプロフィールになるのでしょうか?でも、3人が同じ時期に一緒だった!という訳では無いみたいです。

ライブに参加した、お客さんですが、ほぼ壁面をグルリと囲んだくらいの人数プラス・アルファで、20人くらいだったでしょうか?もっと、多かったかな?それと、お客さんの年齢構成ですが、高めで、40代から50代が中心ということで、仕事の帰りに!という人が、多いです。週末以外のライヴの場合には、翌日の仕事もあるので、考えてしまう!という年代が多いと、思います。

セトリは有りませんが、演奏された楽曲は、ラッパ系の人には分かり易い表現で言うと、「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」というヤマハからでている楽譜シリーズに共通しているような選曲です。クラシック系のライブ・ハウスですが、19世紀以前の作曲家の楽曲ではなく、20世紀の作曲家(ポピュラー系)の楽曲が多いです。20世紀の音楽でも、60年代、70年代の楽曲が多く見られますね。昨年に、ここで、聞いた時の楽曲に、ダブっている曲もみられる気がします。金管の低音アンサンブルの楽譜は少ないために、どうしても、アレンジング(編曲)は、演奏者が行うことが多くなり、つまりは、自作自演に近いわけで、楽曲のバリエーションを、どのように増やしていくか?というのが、課題のような気がします。それには、地道に、楽譜を作っていくしかないから、難しいかもしれませんが。
どんな楽曲を増やしていくのかは、不明ですが、ラテン系(サンバなど)の音楽を、入れてほしいなあ、というのが、私のリクエストです。

このライブの特色は、低音アンサンブル、プラス、リコーダー(ソプラノ、アルト)と、
誰が見ても、「電気掃除機のパイプ」で、作ったとしか思えないチューブ(名前は、忘れました。。)を使った演奏です。ナチュラル楽器とか、ロハスな自然な音と言いますか。そういったスピリチュアル系な部分を楽しむ!ということができれば、楽しみが増えると思います。

ファンシーカープミュージック (長井さんのサイト)

PS
次回は、動画の撮れるコンデジを持っていきましょうか?
それを、Youtubeにアップロードして、ホームページに、リンクって。。
って、GOOGLEのアカウント(無料)を取れば、できますよ。
GOOGLEのアカウント(メルアド)を取っても、パスワード忘れないように、して下さいね。

« 温室効果ガスのニュースを見ていたら、何か変に感じます | トップページ | 掃除(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/44559966

この記事へのトラックバック一覧です: 「Bonejourと空のこんぺいとう楽団」のライブを聴きました:

« 温室効果ガスのニュースを見ていたら、何か変に感じます | トップページ | 掃除(BlogPet) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ