« 新車買い替えに1台最大25万円の奨励金 | トップページ | 指揮者「クルト・マズア」の平和へのメッセージ(BlogPet) »

2009.04.11

指揮者「クルト・マズア」の平和へのメッセージ

録画していた20年以上前の「ベルリンの壁崩壊とドイツ再統一」を扱ったドキュメンタリーを、見ていましたら、90年代に、NYPの音楽監督だった指揮者クルト・マズア(Kurt Masur)が、ライプチヒで、1989年10月9日の「月曜デモ」に際して、東ドイツ当局へ武力行使を避け、平和的解決を要望するメッセージ「平和へ向けたメッセージ」が、取り上げられていました。

ググってみましたが、ほとんどが、ウィキの記事内容のものだけで、肝心のメッセージの内容に触れているものが無いと思いましたので、せっかくだから、日本語訳を、メモに残すことにしました。

東ドイツ出身で、当時ライプチッヒ・ケヴァントハウス管弦楽団のの指揮者であったクルト・マズアは、1989年10月9日の夜にコンサートを行う予定でした。昼過ぎに、リハーサルの終えたクルト・マズアは、親しくしている地元の党幹部の文化担当のクルト・マイヤーに電話しました。

マズアは、ここまでの展開を、ひどく心配していました。対する党幹部のマイヤーも、この日は暴力を、どうしても避けなくてはならない。天安門のようなことにならないように、努力する必要がありました。

マズアは、直ちに行動を起こそうと迫りました。マイヤー、ベッツェン、ポマードの若手党幹部、これに、舞台俳優と、神学者を加えた6人が、2時間をかけて、市民と当局との対話を呼びかけるアピールを書きあげました。

デモの鎮圧に大して流血も辞さない、当時の東ドイツの党首のホーネッカー議長の意向に逆らうものでした。アピールに署名したことは、署名者6人に、取っては、生命の危険(銃殺刑に該当するような)、極めて危険なことでもありました。そのメッセージは、直ちに録音されて、市内、50箇所以上の街頭スピーカら、流されました。

「私たちに必要なのは自由な対話だ。この対話が、このライプチヒに、とどまらず、政府との間でも実現するよう、ここに署名した6人は努力します。だから皆さん、対話の実現のため冷静に行動してください。 クルト・マズア」

このメッセージ(「ライプツィヒの6人」による声明)は、文章に残され、楽譜が添付されており、それは東ドイツの国歌の一節でした。その国歌(廃墟からの復活、Auferstanden aus Ruinen)の内容は、

「母親は二度と息子のために涙を流さない。」

第二次大戦への反省を込めたメッセージを含んだ国歌の一節を添付することで、流血の事態だけは、あってはならないということを、伝えようとしました

夕方から行われたデモは、最終的には、7万人を超えて、鎮圧に乗り出した警察の8千人では、抑えることは、できませんでしたので、静観を決めました。デモは、非暴力での行動を終始し、平和裏に、市内を一周し、出発地点のニコライ教会に戻りました。政府のスローガン「人民のための政府」を真似て、「我々こそが、人民だ」を高らかにアピールしました。デモが終わる頃、デモ行進のあった通り沿いにある、ライプチヒ・ケバントハウス管弦楽団の演奏会では、ブラームスの響きが高らかに、クルト・マズアの指揮で、コンサート・ホールを埋め尽くしていました。

この流血なき非暴力の反政府デモを皮切りに、東ドイツ国内では平和のデモが行われました。この「月曜デモ」の9日後に、ホーネッカー議長は、退任しました。

クルト・マズアの公式サイト(英語)

ケヴァントハウス・管弦楽団の公式サイト(一部日本語)

« 新車買い替えに1台最大25万円の奨励金 | トップページ | 指揮者「クルト・マズア」の平和へのメッセージ(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

本文とは、異なりますが、2003年の反政府デモに参加した際のことです。

デモの大義は、対テロ戦争の一環として、国連軍ではなく、アメリカ軍に賛同した日本の自衛隊への撤退と、戦争を止めることを求めるもので、三田の芝公園から、銀座を経由して、赤坂のアメリカ大使館前までのデモ行進でした。

人権などを訴える複数のNPO、NGO団体の呼びかけで開催された21世紀の日本で開催された、最大人数が動員されたデモでした。デモの最中には、NGO、NPOのスタッフは、終始一貫して、アメリカ大使館とその関係者、そして警備の警官隊に対しては、この戦争に対する反対の声をあげるだけで、その他の無用な挑発をせずに、行動を慎むようにということを、叫んでいました。

平和を訴えるデモで、暴力的な行為をすれば、その意味を為さないことを学んでいるからだと思いますが、当日の参加しただけの「烏合の衆」として参加した人か多かったので、いつこの集団が変異して、暴力的な行動をしてしまうのか?ということは、とても怖かった記憶があります。

非常に面白い記事ですね。今まで知らなかったマズアさんの事がわかって勉強になりました。僕はマズアさんのブルックナーやベートーベンが好きです。

山田様

かなり古い記事にコメントをいただき、ありがとうございます。
日本では余り多くないマズアに関して切り口の独自性を、ほめて頂きありがとうございます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/44633064

この記事へのトラックバック一覧です: 指揮者「クルト・マズア」の平和へのメッセージ:

« 新車買い替えに1台最大25万円の奨励金 | トップページ | 指揮者「クルト・マズア」の平和へのメッセージ(BlogPet) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ