« ニューヨークフィルの新音楽監督に就任! | トップページ | 温室効果ガスのニュースを見ていたら、何か変に感じます »

2009.04.01

「隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?」を読み終える

ビジネス書というのを読むが、たいていの場合において、読みにくい。ビジネス書を読む動機というのが、わからないことを、調べたい、分かり易くしたい、というのが、基本にあるからです。つまり、解説本を、買っているようなものです。ただし、読み始めてから気がつくことだが、たいていのビジネス本は、分かりにくい。そう思ったことはないだろうか?

51q87xkmnyl

北野幸伯さんの文章は、わかりやすい。砕けすぎて、ほとんどが、口語体です。こういったことを書く人が、有名にならないの?と、思ったら、日本に住んでいなくて、ロシアに、在住しているそうです。日本にいると、見えないことを的確に表現しというのは、そういった部分から、現れるのでしょう。

本に、書いてある内容は、
第1章 崩壊寸前の日本は大減税で復活する
第2章 移民労働者受け入れに反対!
第3章 平和ボケ 外交音痴 日本の行く末
第4章 食糧危機とエネルギー危機をどう乗り切る?
第5章 世界一教育熱心な国 日本が失った“教育”
第6章 脱アメリカ信仰! 日本は世界から愛されている

一つ一つの章で、最初に、再現ドラマ風な、近未来(5年、10年といった単位)のことを書いています。まず、そこで、読者に、現状の日本の抱えている問題を放っておくと、こんなドラマになりますよ!と、教えてくれます。
そして、そのようになった経緯を書きます。こういった、問題点を、供述する人は、いくらでもいます。
この北野さんは、その問題点の解決法を、提示しています。荒唐無稽な解決法でなく、それって、できそうだよね?と、思わせるようなことばかり。問題点を出すだけなら、私たちにもできます。それを、どうするか、ということを、示唆してくれる人は、少ないです。

この北野さんの文章を読んだ後に、今、話題の「勝間 和代」さんの文章やコメントを見ますと、わかりにくい。結局、何を、言いたいの?と、悩んでしまいます。肝心なところが、曖昧になっているからなのでしょうね。

実践する人、政治家ができることだけとは、限りません。つまり、食糧危機の解決方法は、ということは、私達自身の生活にかかわること、つまり、やれないことでは、ないということが、書いてあるからです。
それって、無理だろう?と、いう事もありますが、本人も、対抗意見をあらかじめ用意しています。

世界同時不況に襲われていますが、こういった本の中にも、解決できる方法、実践できることが書かれています。
本のタイトルが「奴隷国家」!という、ネガティブなイメージを浮かびますが、北野さんの文章は、最後は、希望を持たせてくれます。最初に、どん底まで落とし込んで、その解決法を示しています。作者は、これでも、手加減をした文章だと、あとがきに書いています。

それが、現実にできるかどうか、私たち自身が、決めることですが、できそうにないことでなく、できそうなことが、書いてある。今、実践すべきことを、模索しているから、ビジネス書を、読むという本来の意義に、沿った本だと思います。

すべてを、この通りにすればよいか?それは、個々の人が、決めることです。でも、久しぶりに、一読を、お勧めします。


隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか? (単行本)(アマゾン)

『隷属国家 日本の岐路』 北野幸伯著 ダイヤモンド社(プレジデント・ロイター・インタビュー)

« ニューヨークフィルの新音楽監督に就任! | トップページ | 温室効果ガスのニュースを見ていたら、何か変に感じます »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も北野さんのファンであります。

2008年のこの本では、中国の尖閣諸島への侵攻も予想しています。

それだけ国際情勢の分析が的確ということだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/44536862

この記事へのトラックバック一覧です: 「隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?」を読み終える:

« ニューヨークフィルの新音楽監督に就任! | トップページ | 温室効果ガスのニュースを見ていたら、何か変に感じます »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ