« それで結婚された(BlogPet) | トップページ | そういえば、来月の20日は、難民の日だ »

2009.05.20

感染症にかかるのは、「使用者の責めに帰すべき事由の休業」なのか?

感染症になったとしたら、会社から、「休め!」と、言われるけれど、それって、普通の有給なんだろうか?

なんとなく、考えなくてはと、思って調べましたが、まだ、分からんなああ。

零細企業だから、保証がない気がする。。。

●感染症法で就業制限を受ける「感染症の患者又は無症状病原体保有者」に 非 該 当 の証明書ありながら、使用者が風評被害を恐れて自宅待機(就業拒否)を行った場合: →労基法解釈での「使用者の責めに帰すべき事由の休業」に該当し、使用者は労基法26条に定められた、平均賃金の60/100以上の休業手当を支払う義務がある。

 つまり「感染症の患者又は無症状病原体保有者」の証拠がないまま、使用者側からインフルエンザの疑いがあるから休めと命じた場合、その休業中の賃金を無給とすることは労基法違反で、有給の特別休暇(年次有休とは別枠)とするか、あるいは労基法26条の平均賃金の60/100以上の休業手当を支払ねばなりません。

●「感染症の患者又は無症状病原体保有者」に 該 当 す る との証明書があって、使用者が休業(自宅待機)を命じた場合:
→感染症法に基づく就業制限(休業)ですので、「使用者の責めに帰すべき事由の休業」に該当せず、休業期間中は無給で良い。

 労基法26条の休業手当(平均賃金の60/100以上)は、感染症法の前身である旧伝染病法や結核予防法などの公衆衛生諸法令の規定に基づく不就業(休業)については、天災地変という扱いであって、使用者に労働者の賃金保証の義務がありません。労働諸法令上は、地震や水害などでの出勤不能や、或いは災害で事業活動が出来ずに会社が休業する場合と同様の扱いになります。
 ただし感染症法などで強制的に休業させられる労働者が、健康保険の被保険者本人であれば、健保の傷病手当金が支給される場合があります。この場合は、感染症法18条1項に基づいた都道府県知事の通知の書面添付が支給要件になると思われますが、実際の保険者(健保協会や健保組合)での運用面でどうなっているか、個別に問い合わせしてみないと回答に自信が持てません。(昔の伝染病法の時代は、強制隔離されると証明の紙切れが貰えたのですが、成田の隔離入院の4人などはどうなんでしょう?)


 なおこの先は蛇足ですが、感染症法での「入院」は、医療費の自己負担が無く、全額公費(健保で7割負担し、本人負担の3割分を都道府県が負担する)となりますので、入院した病院窓口で患者本人が医療費を支払うことはありません。ですが、兵庫県などがベッド不足と低毒性を理由に、原則入院させずに自宅療養(早い話が「外来通院」での療養)させる方針のようですが、感染症法の対象疾病でも「外来通院」の場合は公費負担(3割分の都道府県負担)が無く、普通の健保診療と同じになって患者本人の3割負担を窓口で支払うことになります。


« それで結婚された(BlogPet) | トップページ | そういえば、来月の20日は、難民の日だ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/45072008

この記事へのトラックバック一覧です: 感染症にかかるのは、「使用者の責めに帰すべき事由の休業」なのか?:

« それで結婚された(BlogPet) | トップページ | そういえば、来月の20日は、難民の日だ »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ